余裕のある男のLINE作法3選【これさえ理解すればモテます】

この記事の所要時間: 828

「好みの女性に連絡をしてみても、いまいちLINEが続かない」

「結局、なんのために女性とメッセージをやり合うのかわからない」

あなたは、このような悩みをお持ちではありませんか?

恋愛講師をしていて、意外と多く寄せられるのが「LINE」についてのお悩みです。みんな、これといったLINEの正解がわからず、自己流でなんとなーく女性とコミュニケーションを図っている傾向にあります。

自己流がゆえに、自分の手法に自信が持てない。という方が多いです。

そこで、今回は、余裕のある男が心得ているLINEの正しい使い方、捉え方をお伝えします。ラインの正解を知ることで、焦らず、余裕を持って女性と接することが可能になります。

ちなみに、以下の写真は現在の私のラインのトークリストです。

コロナの自粛期間で、みんな暇ということもありますが、現時点で20人くらいの女性と連絡を取り合っています。すでにセックスをしている女性も、まだしていない女性もそれぞれおりますが、正しいラインの作法を理解すれば、他の男性を出し抜き、たくさんの女性と繋がれますので、ぜひ学んでいってくださいね。

1. 余裕のある男が心得ているLINEの作法3選

恩田
こんにちは、恋愛ナンパコンサルタントの恩田そら@onda_soraです。

LINEは、使う人次第で、武器にもなるし、足かせにもなるツールです。うまくラインを活用すれば、直接会わずに女性を惚れさせることができるし、そこまではいけなくとも、意中の女性と仲を縮めることは容易です。一方で、正しく理解をせずにラインというツールを用いてしまうと、落とせる女性も落とせなくなってしまいます。

恋愛において、ラインというツールは、諸刃の剣と言えるでしょう。

正しいラインの使い方を心得ておくことで、あなたに余裕が生まれます。そして、それが結果的に他の男性を出し抜くことになるでしょう。

余裕のある男が心得ているラインの作法は、主に3つです。順番にお伝えしていきます。

(あ、念のためにお伝えしますが、今回の記事は、あくまでも「狙った女を落とすためのLINE活用術」です。長年一緒にいる彼女とか奥さんが相手の場合は、また少し異なってきますので、混同しないようお願いします。)

1-1. LINEの真の目的を理解している

それでは、一番初めに、本質的なことをお伝えします。

あなたはLINEの本来の目的を考えたことがありますか?少なくとも恋愛シーンにおいては「相手と連絡を取ること」がラインの真の目的ではないですよ?

現状を報告しあうことでもなければ、自分について知ってもらうことでもありません。

あなたが、意中の女性とラインをする真の目的は、相手に「この人、面白い」と思わせることです。

めちゃくちゃ当たり前なことだとは思うんですけど、意外とここが抜け落ちてしまっている人が多いです。

「連絡を取り続けることが、仲を深めることなんだ!」といった認識の人、「自分のことをよく知ってもらうために、メッセージを送る」と思ってしまっている人、相手に「つまらない」と思われている可能性が極めて高いです。

そもそも、ラインは手段であって、ゴールではありませんよね。狙った女性とセックスをすることが、あなたの究極の目的だと思います。で、その究極の目的を果たすためには、デートにさそいだすというミッションがあって、そのミッションをクリアするための作業が「LINEのやりとり」なわけです。

だから、ラインのやりとりを通して、「この人、面白いかも。あってみるか」と相手に興味を抱かせることが、何よりも大事であって、「つまらない」と思わせてしまうリスクのある連絡の取り方は、全て排除するべきです。

なぜなら、他と変わらないやりとりを続けていては、あなたの価値が下がってしまうし、最終的なゴールに到達できなくなるからですね。

“なんのために、相手とラインをしているのか?”と、根源的な問いに立ち返ることはとても大事でして、余裕のある男はここからブレません。

ラインの目的は、デートにさそいだすことですから、相手に映るあなたの印象を良いものにするためだけにラインを活用しましょう。

1-2. 相手に何を伝えるべきか理解している

前章に、関連しています。
余裕のある男は、ラインを通して、相手に何を伝えるかを理解しています。

モテない男たち・つまらない男たちは、ラインを通して「自分の肩書き、地位、環境、境遇」といった類の自分の情報を相手に伝えます。

ここには、「自分は怪しいものではないですよ〜」といったメッセージ性が含まれています。あるいは、「ちゃんと良識があって、好物件な男性ですよ〜」といったアピールとも言えるでしょう。あなたも、身に覚えがあるのではないでしょうか?

ですが、皆が、このような思惑を含むLINEを送っていますので、男性からアタックをされまくっている女性からすると、ありきたりで、平々凡々なメッセージです。つまり「つまらない」と判断され、ラインの連絡頻度が下がっていく、というわけですね。

では、一方で、モテる男・余裕のある男は、何を相手に伝えようとしているのか?

それは、モテる男の感覚・女性の興味を煽る感性、わかっている感、です。

例えば、「自分は怪しいものではないですよ〜」といったメッセージ性を含むLINEを一切相手に送らないことも、それだけで女性の興味を煽ります。他人と違うというだけでも、「あれ、この人、他の男性とは違うぞ?やりとり続けてみようかな」と相手に思わせることができますよね。

自分語りをしないとか、無駄に現状報告をしないとか、普通の男性が送ってしまいがちな内容を送らないことでも差別化は図れます。

相手に面白いと感じさせることにフォーカスを当てる、という前章の作法を守るだけでも、自然とこのモテる男の感性は相手に伝わっていくはずです。

そして、この「モテる感性、わかっている感」は、LINEの特性である「既読スルー」を活用することで、さらに相手に伝えることができます。ということで「既読スルー」についてのお話を次章でしていきたいと思います。

1-3. 既読スルーの正しい使い方を理解している

それでは、既読スルーについて、お話をしていきます。

余裕のある男は、既読スルーに動じません。相手から返事がなかったとしても、焦って連投でラインを送ってしまうことはありません。

なぜなら、余裕のある男性たちは「ラインなんてどうでも良い。暇つぶし。二の次。人生において大事なことは携帯をぽちぽちすることではない」というマインドが根底にあるからです。

だから、相手から返事がなくてもいちいち焦らないし、「他になんかやってんだろうな。」と捉え、携帯を置いて自分の趣味や仕事に集中することができます。

女性から見ても、自分のLINEに振り回され、携帯にしがみついている男性よりも、“SNSは時間が空いた時の暇つぶし”と捉えている男性の方が、魅力的ですし、何よりも面倒くさくない。笑

ハイレベルな女性たちも“SNSは時間が空いた時の暇つぶし”という感覚でLINEを使っているので、既読スルーに特に意味合いはありません。

ですから、追いラインした時点で、その男は「モテない、小心者、感覚が合わない」というレッテルを女性に貼られてしまう一方で、既読スルーに焦らず、返事が来るまで別のことに意識を向けられる男性は、価値が下がりません。ですので、女性も結局は、後者の男性にはラインを返します。

余裕のある男の既読スルー及び、正しいLINE活用マインドはこんな感じです。

 

もちろん、男性側も全然既読スルーをして良いんですよ。会話のやり取りが、ひと段落ついたタイミングで、パッと既読スルーをする。そして、後日、別の話題でまた会話を切り出す。

相手に気を使って既読スルーせずにだらだら続けるより、よっぽど良いですよ。セックスできる確率は上がります。

会話をだらだら続けてしまう→飽きを感じさせてしまうリスクが高まる。ゆえに、「面白い人」という印象を与えられず、デートに到達することができない

会話をスパッと切る→名残惜しさを相手に与えることができるので、あなたの価値が高まる。

だらだらと日をまたいでキャッチボールを続けるよりも、会話が終わったタイミングで既読スルーをした方が、あなたの価値は上がりますので、積極的に使っていきましょうね。(※相手が彼女や奥さんの場合は、これに当てはまりません。)

2. 余裕のある男のライン作法まとめ

いかがでしたでしょうか。余裕のある男が心得ているラインの作法・使い方をお伝えしました。

正しいマインドセット・向き合い方を理解してしまえば、下手打ちをすることはありません。今回お話した3つのポイントを守れば、あなたの価値は下がらず、むしろ上がっていきますので、ご安心ください。

「なんのためにラインをしているのか?」根源的な問いに立ち返り、そこからブレない。そして、「SNSは暇つぶし。大事なことは他にある」というマインドで既読スルーにいちいち焦らない、むしろ既読スルーをしていく。

こんな感じでラインを捉えてくれれば、大丈夫です。

個別具体的なラインの返事、展開については、個人的にアドバイスをいたしますので、お気軽にご連絡ください。

それでは、お読みいただきありがとうございました。
恩田

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。