ナンパで恋愛トークをすると即ができなくなる理由

Pocket

この記事の所要時間: 58

 

「ナンパで連れ出したら恋愛トークをすべし」

「即(セックス)をするには深い話をしなければならない」

 

 

こういったノウハウを垂れ流しているナンパ講師は多い。

 

 

もちろん、間違ってはいない。

 

 

だが、一歩間違えると

恋愛トークの仕方によっては、
その日のセックスをお預けされてしまう危険性がある。

 

 

そして、そのようなミスを犯してしまっている男性は非常に多い。

 

 

正しい知識を仕入れずに、「恋愛トーク、恋愛トーク」と頭で言い聞かせていても、
ろくな結果はついてこないのだ。

 

今回する話を理解しておけば、
そのような勿体無い地雷は踏まずに済む。

 

 

「え、そうなの!?」と、思われたあなた。

 

ここで、今一度、「恋愛トーク・深い話」についての、

正しい扱い方を学びなおそうではないか。

 

では、本題に入っていく。

 

 

正しい恋愛トークの扱い方

いきなり結論を述べる。

 

 

「即をするには、恋愛トークをしなければならない」

は間違っているが、

 

「即をするには“相手の”恋愛トークをしなければならない。」

となれば正解となる。

 

 

要は、会話のベクトルが女性に向いている恋愛トークは正しいが、

自分(男性)の恋愛トークをしてしまうと、即・セックスは、

遠のいてしまう、ということ。

 

 

 

なぜかというと、即の提案に女性がついてくる理由は、

「あなたへの興味や関心」といったものが大半だから。

 

「この人はどんな人なんだろう」

 

「人間性が見えない、もっと知りたい」

 

こういった感情を女性に抱かせることが、

即をするために必要な心理操作である。

 

 

言い換えるなら、あなたの話を与えすぎてしまうと

 

「なるほど。この人はこういう人なのか。 お腹一杯。」

 

となってしまい、こちらに対する興味・期待が、

薄れてしまう。

 

だから、男性側は、
過度な自分の恋愛トークをしてはいけないわけ。

 

 

もちろん、自分についての情報を深く与えることで、

コチラに対する信頼度の増幅に繋がるとも言える。

 

しかし、それに反比例するように、
その日のうちのセックスは遠のく。

 

なぜならば、女性に満足感を与えてしまい、

相手に「様子見」をさせてしまうから。

 

 

恋愛トークは、即をするために、必須な作業であるけれど、

それは「相手の恋愛トーク」で盛り上がるという意味であり、

決して、「あなたの恋愛トーク」をアピールしてはいけないのだ。

 

 

相手の女性に、恋愛について聞かれた場合

 

あなたの方から「自分の恋愛トーク」を、切り込んでいくのは、

論外であるとして、相手から「あなたの恋愛トーク」について、

質問された時は、どうすればいいのか。

 

 

そういった場合には、「はぐらかす」「焦らす」ことが正解となる。

 

 

相手から、あなたについての過去の恋愛を聞いてきた場合は、

ある程度、あなたに対しての興味や関心は高まってきている。

 

 

しかし、そこであなたが、

べらべらと気持ちを良くして、自分語りをしてしまうとジ・エンド。

 

「なるほど、そういう人なのかぁ」

 

と女性はセックスの手前でお腹いっぱいになる。

 

 

 

そうではなく、「焦らす」。

 

 

それにより、あなたへの興味・関心は増大していく。

つまり、さらに即・セックスへと近づくことになる。

 

「女性に恋愛について聞かれたら、焦らす。」

 

これがマスターできれば、あなたは恋愛面において男性の上位5パーセントと言っても過言ではない。普通の男は、ペラペラと自分の恋愛エピソードを語ってしまう。

 

 

まとめ

 

いかがだったであろうか。

 

恋愛トークや深い話は、たしかに、

女性と距離を縮めるために、必要な作業だ。

 

しかし、

 

 

それは「相手についての恋愛話」限定で、

あなたの恋愛トークや深い話をすることは、

その日に即を狙うのであれば、むしろ逆効果になる。

 

 

断言するが、

 

正しい、恋愛トークの扱い方を覚えれば、

即は、難しいことではない。

 

連れ出し後の会話展開に磨きをかける。
そうすれば、ナンパの難易度は急激に下がっていく。

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

 

Pocket

この記事の所要時間: 00

>調整中

調整中

調整中

CTR IMG