Pocket

この記事の所要時間: 34

今回は「確実に連れ出し率はアップするし、超絶簡単なのに、意外とやっている人がいないテクニック!」をお伝えしようと思います。

 

「会話が盛り上がっているのに、連れ出せない」とか、「不信感をぬぐえずに、女子を逃してしまう」といった場合は、今回のテクニックを使うことで、問題は解決することでしょう!

 

ちなみに、今日お伝えするテクニックは、本当に、小学生でも使えるテクニックです。

 

この記事を読んでくれた人の100%が実行可能です。

 

けれども、効果は抜群

 

内容も軽いんで、サクッと読んでいってくださいね!

 

連れ出し率が上がる超簡単なテクニック

 

“連れ出し率は確実に上がるのに、誰でも実行可能なテクニック”

 

それは・・・

 

「行き先をきちんと明示する」というテクニックです。

 

連れ出し先のカフェの名前を、きちんと伝えることが超重要なんです。

 

もしくは、声をかけた場所からカフェが見えるのであれば、実際にお店を指さして「あそこで。」と言ってあげましょう。

 

この一作業を挟むことで、連れ出し率は確実に上がります。

 

なぜなら、女の子の「不安要素」を1つ取り除くことになるからです。

 

 

冷静に考えてください。

 

見ず知らずの、自分より体格が大きくて、力の差を感じてしまう相手から、行き先も明示されずに、「ついてきてください。」と言われたら、怖くないですか??笑

 

私なら、絶対についていきません。笑

 

人気(ひとけ)のないところに連れられて、むりやり襲われるかもしれないし、仲間が待ち構えていて、お財布を取られるかもしれないじゃないですか。笑

 

はい。

 

ナンパで声をかけられた女性も同じことを思っています。

 

「(この人あぶないひとなんじゃないの?)」

 

「(事件に巻き込まれる可能性も0じゃないよなあ。)」

 

こういった不安な感情が、「本当は面白そうだから、ついていってもいいんだけど、やっぱりやめておこう」というブレーキとなるわけです。

 

だから、きちんとカフェの名前を伝えてあげましょう。これから行くお店が目視できるのならば、きちんと指をさして、行き先を明確に分からせてあげましょう。

 

この作業によって、最後のブロックがとけ、女性は安心して、こちらの連れ出しに付いてきてくれるようになるわけです。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

「簡単すぎだろ」と感じられたのではないでしょうか?笑

 

そうなんです。簡単なんです。

 

でも、確実に効果はあるし、超簡単だし、なにより、きちんと行っていない人が多いテクニックでもあります。

 

すぐに取り入れることが出来ますから、この記事を読んだあなたは、明日にでも、この連れ出しテクニックは使っていきましょう!

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

恩田

19歳のメスを早稲田の新歓から無理矢理連れ出してホテルにぶち込んだ音声が聞けます。

 

 

 

 

上記の音声は、
某早稲田大学の新歓に潜り込んで、
そこで声かけた彼氏持ちフェ◯ス女学院の1年の女の子を、

 

バーから連れ出し新大久保のホテルにぶち込んだ音声です。

 

 

現在、特別プレゼントにて、
この時の私の「思考プロセス」「マインド」についての解説音声をお渡ししています。

 

 

モー娘。オタクのオナニー狂いの私がどのようにして、女性をコントロールする側の人間に駆け上がったのか。

 

 

緻密なテクニックと、揺らぐことのないマインドの全て。

 

 

その全貌が全て理解できるようになっています。

 

 

容赦なくあなたをオスの頂点へ導く、

エネルギーの高いメールセミナーです。

 

 

本質に踏み込んでいるのでブログでは絶対に公開できない内容です。

クローズドの環境でぜひお楽しみください。

 

 

→恩田そらの「非道徳メールセミナー」を読んでみる。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • 相手の脳みそを停止させるナンパの声かけテクニック
  • ナンパの時間術!超効率的に美女をゲットする秘密!
  • ナンパでラインをゲット!初回メッセージを送るのはいつ!?
  • ナンパの連れ出し率がアップ!超絶簡単なテクニックとは!?
  • 1日100声かけは無駄!ナンパ初心者がスキルを磨く超効率的な方法とは?
  • 道聞きナンパの真価!凄腕ナンパ師の感覚が身に付く理由!
おすすめの記事
ナンパノウハウ
この記事の所要時間: 約 3分4秒 先日、ナンパ師仲間と久々に男だけで飲み会をした。 そこでトークテーマとして上がったのが「結局は自信説」...