Pocket

この記事の所要時間: 344

「彼女をいじったらキレられた」

 

「上手くいじれる時と失敗する時の差が分からない」

 

あなたは、このような場面に遭遇したことはありませんか?

 

“いじり”の技術は、諸刃の剣です。

 

上手に“いじり”を使いこなせば、「あなたが主導権を握り、彼女が言うことを聞いてくれるような関係性」を構築することができるし、「最大限に精神的距離を縮める」ことだって出来てしまいます。

 

しかし、下手ないじり方をしてしまえば、うっかり彼女をおこらせてしまったり、地雷を踏んでしまう可能性もあるわけです。

 

そこで今回は、「彼女をいじる際の、避けるべき“いじりポイント”」をお伝えします。

 

今回お伝えする部分にだけ気を付けて、いじりを行っていけば、トラブルや地雷を避けることができますので、ぜひご覧ください。

 

彼女をいじる際に避けるべきポイント2つ

 

地雷を踏むことなく、彼女をいじりたいのであれば、「いじってはいけない内容」をきちんと把握しておくことが、大切です。

 

「いじり」は時に、相手を傷つけてしまうリスクがあります。

 

トラブルを回避するためにも、いじってもいい部分、いじってはいけない部分をキチンと理解しておきましょう。

 

「いじってはいけない部分」は2つです。

 

彼女が大切にしている物事・価値観・夢・目標

避けるべきイジリポイントの1つ目は「夢や信念など、彼女が大事にしている考え方や価値観」です。

 

何か本気で取り組んでいる物事を、茶化されたり、いじられると、恋人であったとしてもイラっとしてしまうものです。(いじった側が、どんなに軽い気持ちであったとしても。)

 

彼女が本質的な話をしてくれた時は、いじりは控えて、相手の話にしっかりと耳を傾けてあげましょう。

 

このような状況の場合は、共感同調をすることが正解となります。

 

「普段はいじってくる彼氏だけど、本質的な話をしている時は、ちゃんと私を認めてくれる。」

 

このギャップにより、彼女の中のあなたの価値は、さらに高まっていきます。

 

彼女がコンプレックスに感じている部分

そして、避けるべきイジリポイントの2つ目は「彼女のコンプレックス」です。

 

極端な話、「ブスにブスと言うな」という話です。笑

 

ふくよかな彼女に対して、「ゆるキャラ感あるよね」というイジリはありだけど、「君って肉まんみたいだよね」はNGなわけです。笑

 

また、「同じセリフでも、相手によって受ける印象が変わってしまう」という場合もあります。

 

例えば、身長が高く、すらっとしているモデル体型の子には「また身長伸びたでしょ」というイジリはOKですが、体格の良い女性(運動部の子など。)に「またサイズ大きくなったでしょ」というイジリはNGなわけです。

 

セリフは同じでも、相手が気にしている内容かどうかで、受け止められ方が大きく異なっていくので、彼女の目線にたって、いじりは発動するようにしてあげてください。

 

ということで、「相手が、夢や信念などの本質的な話をしてくれた時」「コンプレックス」については、絶対に彼女をいじるなよ、という話でした。

 

避けるべきいじりポイントのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

避けるべきいじりポイントは「彼女の夢・目標・価値観などの本質的な話題」「彼女のコンプレックス」の2つです。

 

この上記2つ以外であれば、がんがんいじっても、トラブルは起きません。

 

いじりは、彼女との距離を近づける便利な道具でもありますので、使いどころをキチンと理解して、活用して頂ければと思います。

 

それでは、お読みいただき有難うございました。

恩田

19歳のメスを早稲田の新歓から無理矢理連れ出してホテルにぶち込んだ音声が聞けます。

 

 

 

 

上記の音声は、
某早稲田大学の新歓に潜り込んで、
そこで声かけた彼氏持ちフェ◯ス女学院の1年の女の子を、

 

バーから連れ出し新大久保のホテルにぶち込んだ音声です。

 

 

現在、特別プレゼントにて、
この時の私の「思考プロセス」「マインド」についての解説音声をお渡ししています。

 

 

モー娘。オタクのオナニー狂いの私がどのようにして、女性をコントロールする側の人間に駆け上がったのか。

 

 

緻密なテクニックと、揺らぐことのないマインドの全て。

 

 

その全貌が全て理解できるようになっています。

 

 

容赦なくあなたをオスの頂点へ導く、

エネルギーの高いメールセミナーです。

 

 

本質に踏み込んでいるのでブログでは絶対に公開できない内容です。

クローズドの環境でぜひお楽しみください。

 

 

→恩田そらの「非道徳メールセミナー」を読んでみる。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事