ナンパ師が教える「合コンの一人勝ち戦略」!

Pocket

この記事の所要時間: 355

ナンパのテクニックは、実は“合コンの場でも使える”ということをあなたは知っていますか。

 

合コンで出会う女子は、基本的には「初めて会う女性」なわけです。

 

冷静に考えると、初めて出会う女性と1から関係を築き上げていくナンパテクニックが、合コンの場で使えないわけがないんですよね。笑

 

というわけで、今回は、合コンに役立つナンパテクニックをあなたにご紹介します。

 

ライバルに差をつけて、一番かわいい子をお持ち帰りしちゃってください!

 

それでは、いきます。

 

ナンパ師の「合コン一人勝ちテクニック」

「合コン」の画像検索結果

合コンでも使えるナンパテクニックは2つです。

 

順番にお伝えしていきます。

 

場の共有

 

まずは「場の共有」というテクニックをご紹介です。

 

ナンパでは、初めて会う女性とお茶をするわけですから、当然最初は「お互いの共通の話題」が分かりません。

 

そんな「お互いの共通の話題」がなくても、この「場の共有」を使えば、相手の女性と一瞬で仲良くなることが可能になります。

 

要は、店の雰囲気や、メニュー表、ショーケースの中のケーキ、注文したドリンク、芸能人に似ている店員さんなどなど。

 

「その場にある、すぐそれと分かるアイテムを使い、会話を広げていく」という手法です。

 

合コンも、最初は相手の女性陣の情報が何もない状態ですよね。

 

「場の共有」を使い、全体のボルテージをあっためてから、自己紹介やお互いの話に進めていくことで、会話の運びが流暢なものになるのです。

 

場が温まっていない状態で、自己紹介をしていくと、どうしても、ぎこちなさとか、話しづらいといった印象を相手に与えてしまいますから、必ずこの「場の共有」を挟んでおきましょう。

 

合コンでは口説かずに、ガールズトークを意識せよ

 

基本的にナンパトークでは、「口説き」をしてはいけないんです。

 

要は、「かわいい」とか「好き」とか「タイプ」とか、相手を狙っているような発言は慎めよ、ということ。

 

同様に合コンの場でも、相手を口説くような会話展開は、ひかえた方が賢明です。

 

なぜならば、「この人、口説きにきてるな」と女性が感じると、赤裸々に自分の話をすることができなくなってしまうからなんですね。

 

良くも悪くも、猫をかぶってしまう。

 

そうではなく、客観的に恋愛話をすることで、相手の「エグい話」や「性的な話」まで引き出すことができるようになってきます。

 

「普通の人には話せない内容のことを、初対面の人に、こんなに話してしまった」と女性に思わせることで、あなたへの興味や期待が強くなっていきますから、客観視ベースで恋愛トークをしていくべきなんですね。

 

とくに合コンの場だと、全体の事を考えずに口説きモードに入ってしまうことがあります。

 

そうなると、「空気の読めないやつ」という認定を、女性側から受けてしまうリスクもあるので、徹底的に客観視ベースを守っていきましょう。笑

 

終わりに

 

以上、「合コンでも使えるナンパテクニック」でした。

 

まだ相手との共通の話題がわからない時に使う「場の共有」。

 

そして、全体のトークテーマが恋愛に移ったときは「客観視ベースで進める」という、この2点のテクニックを、抑えておきましょう。

 

この2点を意識して会話を進めていけば、女性に「空気が読める」「スマート」といった印象付けを行えるので、相対的に周りの男子たちより抜きんでることが可能になりますよ。

 

それでは、お読みいただき有難うございました。

恩田

 

===合わせて読みたい===

 

合コンで出会った女性をラブホテルまで連れ込んだ実録音声

 

ナンパ師が教える相席屋の即セックス術!持ち帰り率87%!

 

 

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA