会話の遮断をさせない!ナンパの声かけテクニック!

Pocket

この記事の所要時間: 328

「声かけで、反応をもらえたのに、途中で相手にされなくなった」

 

「せっかく会話が成立したのに、連れ出せなかった」

 

こういった経験、ありませんか?笑

 

相手と会話が成立したのに、途中で遮断されて、逃げられてしまうパターン。

 

ナンパ初心者の頃は、あるあるな展開です。笑

 

今回は、いかにして、この“もったいないミス”を防げばいいのか、お話します。

 

声かけ中、会話を遮断されてしまいがちな人は、ぜひお読みください。

 

声かけ中の会話を遮断させないために

さて、せっかく成立した会話を、逃さないために、あなたが意識することは、ただ一つ。

 

それは、声かけ中は「絶対に相手の一挙手一投足を見逃さない」という意識を保つことです。

 

ちょっとした変化やアクションを、見逃さず、そしてそれを必ず指摘すればいいんです。

 

相手の一挙手一投足を見逃さずに、それを指摘することで、女性は会話を遮断しづらくなります。

 

なぜならば、女性脳は、「自分のこと」「すぐにそれと分かるもの」に強く反応する傾向があるためです。

 

例えば、会話の途中で、相手の足が早まったならば「めっちゃ足早いですね。」と言ってみる。

 

会話の途中で、相手が無視モードになってしまった場合は「すっげぇ、あからさまな無視ですね。感心ですよ、もう。」と言ってみる。

 

「ターゲット自身の言動・アクションについて」と「すぐに相手は、それを理解できる」という2点を抑えているため、相手は反応をしてしまうわけです。

 

女性脳の特性を活かすために、この2つのポイントを覚えておきましょう。

 

そして、そのためには、相手の反応・変化の観察を怠ってはいけないというわけです。

 

そもそも、ナンパの基本は相手の言動や変化を指摘すること

髪を洗わないで寝ると起こる悪影響

すごく当たり前な話なんですけど、気づいていない人も多いので、追記いたします。

 

冷静に考えると、初めて声をかけた相手なわけですから、何も話す題材がないのが「当たり前」なんですよね。

 

だったら、相手の反応や言動を指摘する他にないじゃないですか、という話です。

 

「それしか会話題材がないんだから、それ逃したら何を話すねん」という感じです。

 

しかし、「会話が続かない」と嘆く人ほど、この基本を押さえていない傾向にあります。

 

ナンパの基本は、“相手の変化や言動を指摘することである”ということを再認識しましょう。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

声かけの会話が続かない場合は「相手の一挙手一投足を見逃さず、それを絶対にナンパトークに組み込む」というマインドをもってナンパに挑んでみましょう。

 

女性脳は「自分のこと」と「すぐにそれと分かるもの」に反応をしてしまうものだからです。

 

そしてナンパの基本は「相手の変化や言動を指摘すること」という大原則も覚えておきましょう。

 

「共通の話題がないのに、それを逃してどうすんねん」という話でした。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

恩田

 

===さらに反応率を上げたい方はコチラ===

 

声かけのコツ!ナンパで女性が思わず反応してしまう魔法の言葉

 

ナンパのやり方!声かけ、連れ出し、即までの流れを徹底大公開!

 

 

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA