【ナンパ実録音声⑮】新型文化祭ナンパテンプレート公開!【2018年度】

Pocket

この記事の所要時間: 83

こんにちは。2018年も、文化祭第一シーズンに突入いたしまして、気分上々な恩田です。

(※文化祭第一シーズン:夏休み前の文化祭ラッシュの時期をさす。5月中盤~7月前半)

 

 

今回は、新型の文化祭ナンパテンプレートを考案したので、ナンパ実録音声と共に、ご紹介します。

 

名付けて「占いアプローチ」!

 

 

簡単に、流れを言いますと

 

①女子を見つける

②「占いの企画やってるから、こいよ」と言う。

③「君の前世あてます。」とかいって適当な偉人の名前を言う

④わちゃわちゃする

 

という流れです。

 

雑すぎましたね。

 

とりあえず、このアプローチの強みは、「なんかよくわかんないけど、面白そうなやつ感」を一瞬で作り出すことが出来る点です。

 

「あなたの前世当てます。」が”ゲーム性”を帯びているので、わちゃわちゃ感を作りやすく、会話にひきこみやすい、ってのがポイント。

 

ストリートで「占い」といっても胡散臭さMAXですが、文化祭が舞台なので、「そういう企画やねん」ってことで通せば、違和感がありません。文化祭専用オープナーであると言えますね。

 

とりあえず、音声をお聞きください。書き起こしもあります!

 

ナンパ実録音声

 

※1:思いつき一発目の声かけなので、中盤部分の構成が甘いのですが、ご了承ください。笑

※2:個人情報部分は、カットしております。

※3:友人とのコンビナンパです。

 

↓スマホの方はこちらから⇊ 書き起こしを見ながら、音声を聞くことが出来ます!

 

 

ナンパ実録音声の書き起こし

 

恩田、前日に激しい捻挫をし、歩くのが困難な状態。

友人がオープンした時は、まだ辿り着いていません。笑

 

友人「落としましたよ…めくれとった…これ、違う?(パンフレットを差し出しながら)」

女1・2「笑」

友人「うそ、違う?」

女2「違います」

友人「がんばって拾ってんけど…」

 

恩田やっと追いつく

 

恩田「これ、ほんとに違う?」

女2「違います」

友人「まじで?」

恩田「俺ダッシュして取って来たよ」

女1・2「笑」

恩田「バサバサって。」

友人「違う?人違いか…」

恩田「あの、ほんとはなんですけど、占いをやってまして…うちらの企画が」

恩田「で、超当たんないっていうで有名なんすけど どうすか?」

女1「あー」

恩田「ほんとに当たんないんすよ」

友人「ちょっと暇そうなんで」

女1・2「笑」

恩田「まーじ?笑」

恩田「ちなみになんだけど、その能力を授けられたのうちらは」

友人「そう」

恩田「その占いの能力を授けられて、だから君たちの前世を今から当てることができます」

女2「あ、はぁ」

友人「気になるやろ?」

恩田「行きますよ…じゃあまず君からね。…あぁ日本、日本だわ日本。(祈祷師のジェスチャーをしながら)」

関連画像

(参考イメージ)

 

女2人「笑」

恩田「いや場所がね?場所が日本ね?笑 場所日本からのー」

恩田「邪馬台国感がねー、あるね…」

女1「邪馬台国?!笑」

恩田「けっこう遡る。だからこの間は全然生まれ変わりしてこなかったね、みたいな。邪馬台国からいきなりこの現世に飛び込んできたから、で今戸惑ってるでしょ、その、テクノロジーに

女1「笑」

恩田「昔は勾玉とかでさ」

女1「笑」

恩田「でしょ?勾玉ばっかで生きてきた中で、スマホとか扱っちゃうと…」

女1「まじ?笑」

恩田「全部テキトーだからね、大丈夫?」

友人「なんかよくわからんくなってきた笑」

女1・2「笑」

恩田「ごめんねーうん。君は中大兄皇子。もう俺は…ビシッと見えてる今(楽しくなってきたので女2の前世も見る)」

友人「中大兄皇子わかる?」

恩田「中大兄皇子…やったよね?歴史でね笑 やるよね?」

友人「わかった?笑」

女1「笑」

恩田「なんだっけね、もう忘れちゃったけど。そっか…まぁそんな感じですね。じゃあ朝ごはん当てますよ

女1「あぁ~」

恩田「パン」

女1「食べてないです」

恩田「あぁ~ほんとは食べたっしょ?」

女1「食べてないです笑」

友人「いや食べたと思う」

恩田「食べたような顔してるもんこれ」

友人「嘘ついてるやろ」

恩田「食パン食べたっしょ、食パン何もつけずに食べたっしょ

女2「笑」

友人「嘘ついてる」

恩田「まじで?あっそう…不良ですか?もしかして」

女1・2「違います笑」

恩田「両耳ピアスはもう不良認定…」

女2「いやぁ違います!笑」

恩田「本当に?」

女1「すごい真面目です」

恩田「いやそれでよく言うね笑」

女1「ほんとですほんとです笑」

恩田「本当に?いつも家で正座してる?ちゃんと家で」

女1「いや正座はしてない…笑」

恩田「あぁじゃあ真面目じゃないね、それは真面目じゃないね」

女1「笑」

恩田「どうすか、楽しいっすか」

女1「楽しいです…笑」

恩田「ほんとかよ嘘だろ…顔がもうつまんねぇって書いてあるもん笑 さっきなんか平和っぽいダンスしてて、見た?」

女1「あぁ見ました笑」

恩田「あれ笑っちゃうよね、先生と一緒にやりましたいぇーいみたいな笑」

女「笑」

恩田「いやまぁねいいんだけどね。いいんだけど…ちょっと内心バカにしてたしょ」

女1「いやそんなこと…」

恩田「うーわ、なんか平和っぽく振舞ってるーみたいな笑 あーなるほどね、こんな感じの声掛けどのぐらいされました?…そんなに?あ、結構?結構された?」

友人「結構された?」

女1・2「笑」

恩田「さすが、姉さんたちやりましたね」

女1・2「笑」

恩田「あぁ…あれですか、彼氏がいるとか?できたみたいな?」

女2「いないです…」

女1「いないんですよ笑」

恩田「俺占いやってるって言ったじゃん?だから、わかるんですよ何目的で来たか」

女1・2「笑」

恩田「ずばり男漁り!」

女2人、固まる

恩田「…いや否定して?ごめんごめん笑」

女1・2「笑笑」

恩田「これ考えられちゃうと、悪いやつになるから笑」

女1・2「笑」

恩田「…あーごめんなさい、そんなことないっすよね、なんか来てくれただけですよ。じゃあ男漁りしてないっぽいんですけど、あのー」

友人「してないっぽいんすけどw、してないとは思うんですけど笑 絶対してないと思う笑」

恩田「してないことは重々承知なんですけど、LINEだけ教えてもらっていいっすか?」

女1・2「笑」

恩田「そしたらもう…そしたらもうおとなしく引きこもるんで。…まじっすか?呼んでもらっていいですか?」

恩田「LINEのなんとかコードを」

女1「笑」

友人「おこぼれでいいっすか」

女二人、携帯を取り出す

恩田「悪い占い師だねーほんとに」

友人「ほんとに笑」

恩田「うそだしね占い師とか」

女1「笑」

恩田「読めるかな?日陰で…。あぁー、そんな感じで。もう不良認定してるから、うちらは」

女1・2「いやぁ…笑」

恩田「でもガクガクしながら…足捻挫してるから。気づいた?いやあの、遅かったじゃん来るの。」

女1・2「笑」

恩田「遅かったじゃん笑 いやあのほんとに捻挫しててね、うん、そうそう…」

女1「運動部なんですか?」

恩田「サッカーしてたらくじいたみたいな…そうそう…張り切って蹴ったらくじいた…笑」

女1・2「笑笑」

友人「ださい笑」

恩田「運動神経ないんすよ…そうそう…笑」

友人「ただ歩いててぐでっただけちゃうん?w」

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

この占いアプローチは「(なんか面白い勧誘きたぞ)」と、思わせるには間違いないオープナーであると思います。笑

 

前世のくだりでは、恥を恐れずに、祈祷師のジェスチャーをちゃんとこなしましょう。

 

それが、できれば、バンゲは確実です(適当

 

では、今日は終ります!

 

恩田でした。

 

 




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA