連れ出しのコツ!ナンパは「伏線を張り巡らせる」ことが鬼重要!

Pocket

この記事の所要時間: 417

連れ出しのコツを何か挙げるとすれば、「線で捉える感覚」が真っ先に思い浮かびます。

 

あなたは、連れ出しを目的とするときに、「女性と仲良くなってきたら、お茶に行く提案をすればいい」程度に考えてはいませんか。

 

それだけでは、じつは不十分でして、今回お話しする「線で捉える」「流れを作る」という考え方を採用することで、連れ出し力が、グングンと上がっていきます。

 

流れるような、こなれた打診をすることが可能になると、どんどんナンパが楽しくなっていきますよ。

 

連れ出しのコツを知りたいという方は、ぜひ読み進めていってください。

 

連れ出しのコツは、「流れを線で捉える」

関連画像

さて、連れ出しのコツは「線で捉える」「流れを作る」ことだと言いましたが、いまいちピンときませんよね。

 

分かりやすくいえば、「唐突なお願いをするのではなく、連れ出し打診のために、事前に伏線を張っておこう」という考え方です。

 

なぜなら、唐突なお願いをすると、相手は「いきなりすぎる」と感じるので、それが断る理由になってしまうためです。

 

一方で、事前に伏線を張って置けば、連れ出しの提案をした時に「いきなりすぎる感」が出ないので、要求が呑まれやすいというメリットがあります。

 

連れ出しのための伏線を、事前に会話中に散りばめておくことで、打診が「点」ではなく「線」になるのです。

 

しかし、大多数のナンパ師は、「連れ出しできるかどうか」しか頭にないので、打診が線にならずに「点」になってしまうんですね。

 

例えば、下手なナンパ師は、会話が弾んできたときに「じゃぁ、もしよかったらお茶いこうよ」“唐突な打診”をしてしまいます。(あなたも、やっちゃっていませんか?)

 

連れ出しの提案に、前後の脈絡がありませんよね。これが、打診が「点」になっているという感覚です。

 

「線で捉える」の具体例

「直線 グラフィック」の画像検索結果

続いては、「線で捉える」連れ出しの具体例を示します。

 

私はよく、アプローチ冒頭~中盤の途中で「つか、すごいコーヒー好きそうな顔してるよね。 しかもブラックしか飲まなそうな顔してる」といったユーモアを使います。

 

しかし、この時点では打診はしません。

 

単なるユーモア程度にとどめておくんですね。(ちなみに、この時点で相手は、「あれもしかして誘ってくるかも?」という予感はしているが、ここでは誘わないので、「ほかのナンパ師とは違う」、「なんか面白い」という感覚を抱かせる効果もある。)

 

で、ことあるごとに「さすが、ブラックしか飲まない人はツッコミもブラックすね」とか「苦い顔しないの!」といった、コーヒーに絡めた“いじり”“ツッコミ”を、ちょこちょこ入れておきます。

 

そして、打診の時にもコーヒーネタを絡ませます。

 

「実はあそこのカフェ、缶コーヒーそのまま使ってるらしいですよ。どですか 逆に興味わくでしょ」とか。もしくは「あー、実はコーヒー嫌いですよね。奇遇ですね俺もですよ じゃ水のみいきましょ」とか言った感じで、連れ出しの打診をするわけです。

 

すると、アプローチの序盤からコーヒーネタ(伏線)を盛り込んでいるため、連れ出し打診をしても「いきなり感」を相手に感じさせません。

 

コーヒーというネタで、アプローチが「線」になっているのです。

 

しかもユーモア要素も織り交ぜているので、粘れば粘るほど、相手が楽しくなってしまう連れ出しが出来てしまうのです。

 

このコツを押さえれば、いきなり「じゃぁ、もしよかったらお茶いきましょ」と言ってしまうレベルの連れ出しとは、次元の違う打診ができるようになるので、ぜひこの「線で捉える」という感覚をマスターしていってください。

連れ出しのコツのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

連れ出しのコツは「線で捉える」ということでした。

 

唐突なお願いは、相手に「いきなりすぎる」と思わせてしまうので、連れ出しのための伏線(ユーモア)を会話にちりばめましょう。

 

そういったコツコツとした作業を挟むことで、アプローチ冒頭から連れ出しまでが、一本の線で結ばれるのです。

 

この感覚を身に着ければ、連れ出しが“スマート”になります。

 

連れ出し率に直結する感覚ですので、ぜひマスターしてください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

恩田




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA