無視が激減するナンパのコツ!会話成立が超絶楽になる方法!

Pocket

この記事の所要時間: 342

「無視」はナンパには付きものです。

 

無視をされても、そのあとに秀逸な切り返しができれば、会話を成立させることは可能ですが、欲を言えば、「無視そのものをなくす」ことが出来たほうが、ナンパがグッと楽になると思いませんか?

 

ナンパ講習をしていると、“無視をされやすいナンパ”をしてしまっている人が結構多いです。

 

実は、ある“ひと手間”を加えれば、無視は激減するのです。

 

ということで、今回は、無視をされないためのナンパのコツについて述べたいと思います。

 

無視を激減させる作業・コツとは

desconectar-trabajo

さて、さっそく本題に入ります。

 

無視を激減させる“作業”とはいったいなんでしょうか。

 

それは「相手の意識をしっかりと、とる」という作業です。

 

要は、「きちんと、こちらの存在を認識させ、相手に聞く耳をもたせてから、オープナー(ユーモア)をなげかける」ということ。

無視をされる事が多い人は、相手の意識をとらずに、すぐにオープナーを投げかけてしまう傾向が強いです。

 

 

ペンギンナンパを例にして説明します。

 

ペンギンナンパとは「この辺でこれくらいのペンギン見ませんでしたか?」という有名なナンパフレーズです。

 

このペンギンナンパ自体は、キャッチーであり、高い会話成立率を誇る声かけオープナーなんですが、相手に聞く耳を持たせてから発動しないと、当然ですが、機能しません

 

女性からすると「(え、なんていった?)」「(面白いこといったの?)」「(不審者、、?)」という感じです。

 

相手が聞き返してくれる女性ならばいいのですが、いきなり隣に現れて、よくわからないセリフを投げかけられたら、普通は怖いですよね。

 

「(なんて言ったか分からんし、怖いし、とりあえず無視をしてやりすごそう)」という判断をする女性が圧倒的多数です。

 

要は、どんだけ素晴らしいオープナーであったとしても、相手がその意図を理解しなければ、意味を全くなさないということです。

 

ですから、まずは何よりも先に、相手に聞く耳を持たせましょう

 

「おい」でもいいし「ねぇ」でもいいし「すいません」でもいいのですが、「(今からユーモアを投げかけますから、よく聞いておいてくださいね)」ということを、暗に伝えておく必要があるわけです。(意識をとるということ。)

 

相手が聞く耳をもっているから、こちらのオープナーをすんなり理解してくれる。その結果、笑い反応をしっかりと取ることが出来るわけですね。

 

無視が多くて悩んでいるという人は、たいてい、相手に聞く耳を持たせる前に、ユーモアを発動させています。

 

そして、相手に意図を分かってもらえず、会話が空回りし、結果、逃げられる。というわけです。

“無視をなくす声かけ”のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

無視をなくすコツについてでした。

 

必ず、オープナーを発動する前に、相手から意識を取り、聞く耳を持たせましょう。

 

この作業を挟むことで、無視は激減していきます。

 

というより、この作業を挟まないと、無視をされるのは当たり前なんですよね。何を言ってるか分からないわけですから。笑

 

「ナンパはコミュニケーションである」という基本に立ち返れば、「相手に聞く耳を持たせてから、こちらの言いたいことを伝える」ってのは当たり前のことなのですが、ほとんどの男性が、ナンパになると緊張やら不安やらで、この鉄則を忘れてしまうのです。

 

無視をされることが多いならば、ぜひ今回の話を意識して、声かけにチャレンジしてみてください。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

 

恩田

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA