ナンパで即ができない人たちに共通しているマインド

Pocket

この記事の所要時間: 310

即ができる人間と、即ができない人間。

 

両者を分けるものは一体何であるのでしょうか。

 

ナンパ講習や、リアルの友達を見ていて、即をとりこぼしてしまう人達には、ある共通点があると、感じたので、お伝えします。

 

即を達成できない人たちの共通点を、反面教師にして、あなたは「即」のできるナンパ師になってくださいね。

 

それでは、いきます。

 

即ができない人たちの共通点

Diffondere scoiattoli: è la strada da percorrere

 

「即ができない」と悩む人たちには、ある共通点があります。

 

それは「先延ばし癖がある」ということです。

 

デートや連れ出し後の会話の最中、”即をしない言い訳”を色々と頭の中から見つけてきて、即にチャレンジすることをあきらめてしまうのです。

 

しかも、即を目指さない理由が、一見正当性のある理由であるということが質(タチ)が悪い。笑

 

なぜ質(タチ)が悪いのかというと、本人たちも、「逃げの意識がないまま」言いわけをしてしまっているからなのです。

 

例えば、「いきなり手を出すと誠実じゃないから、次の機会に回そう」とか「まだ、仕上がってないから、今日は仲良くなることを目標にしよう」など。

 

即を目指さない理由が、一見、まともに見えます。

 

 

しかし、これは逃げ。

 

決断を迫られた時や、考えるのが面倒くさいとき、「一時保留」「先延ばし」「様子見」をしてしまう。

 

日本人の悪い癖です。

 

たしかに、まったく”いいムード”でもないのに、セックスの打診をすることは無謀です。

 

ですが、この「先延ばし」「様子見」をすることで、「セックス」が遠ざかっていくことを忘れてはいけません。

 

ナンパという行為は、相手の判断があいまいなまま白黒つけずにセックスまで運ぶのが、基本的なセオリーですから、準即に回して一度女性に考えさせる時間を与えてしまうと、もう一度会うこと自体が、困難になるからです。

 

このような理由から、「先延ばし」「様子見」という名の、逃げのポーズをとってしまうことで、即は遠のいてしまうのです。

 

 

期限を設けないと成長しない

「fox snow nature」の画像検索結果

 

そして、「即をこの日のうちに決める」という決意があることにより、ひとつひとつのアポや、連れ出しの質が上がります。

 

「次の機会に回せばいいや」という甘えがあると、対峙会話を中途半端にこなしてしまいます。

 

本気で挑まない限り成長はありません。

 

ですから、「この日に決める」という覚悟をもって、アポに挑むことで、たとえ、即打診に失敗したとしても、価値のある練習をつむことができるのです。

終わりに

 

ナンパで即ができないと悩んでいる人たちに、共通しているマインド「先延ばし」

 

先延ばしにすればするほど、セックスの機会は遠ざかっていくし、なにより自分の成長に繋がらないのです。

 

「今日絶対に、打診する。」

 

このくらいの覚悟を常に持ち、アポや連れ出しに挑みましょう。

 

お読みいただき有難うございました。

 

恩田




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA