ナンパトークで「知らない話題」が出た時の対処テクニック

Pocket

この記事の所要時間: 324

ナンパで女性を連れ出した後のトーク中。

 

「知らない話題が出てきて、どのように対応していいか分からなくなった」なんて場面に遭遇したことは、ありませんか?

 

自分の知らない話題になったとき、知っているふりをするのか、知らないことを告げるのか、トーク展開が迷うところだと思います。

 

ということで、今回は、「トーク中、知らない話題が出た時の対処テクニック」を、お伝えします。

 

このテクニックを知っていれば、知らない話題と遭遇しても、会話の流れを遮断せず、盛り上がった状態を維持できますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

知らないときは知らないという

 

さて、「あなたが詳しくないジャンルの話題」を、女性が話してきたとしましょう。

 

そこで、あなたがするべきことは、「知らない話題には、知らないと伝える」ということです。

 

なぜならば、知ったふりをしていても、必ずぼろが出てしまうし、こちらは無知なわけなので、深い部分まで話せるわけがなく、盛り上がりに欠けてしまうためです。

 

ですから、知らないことは「知らない」と明言しておくことが最善策なのです。

 

知らないと伝えるときの注意点とテクニック

しかし、知らないと伝える際に、注意点があります。

 

ただ「知らない」と伝えるだけでは、会話を遮断してしまうことになり、せっかく相手が提供してくれたトークを台無しにしてしまいます。

 

そこで、使えるテクニックが、「ユーモアで、知っているふりをして、すぐ知らないと伝える。」というものです。

 

例えば、相手が新作ブランドの話をしてきたとします。けれども、あなたは、ちんぷんかんぷん。

 

女「今年の冬に、ジミーチュウとオフホワイトがコラボするんだって!」

男「え、あのオフホワイトが!?まじか!w」

女「そうそう!」

男「で、オフホワイトってなに?宮迫?」

女「おい笑」

 

ただ「知らない」と伝えるよりも、このように使うことで、会話を遮断する危険性がなくなります

 

そのあとで、その話題について、相手に質問すればいいのです。

 

男「それって、どんなん??」

 

相手はせきを切ったように話し出すことでしょう。

 

 

なぜならば、あなたが知らなくて、女性が知っているということは、普通のテーマよりも専門性の高い話題なわけで、それはつまり、女性が話したい話題である、とも言えるからです。

 

 

だから、興味をもって相手に質問をしてあげれば、女性は意気揚々としゃべりだしてくれるのです。

 

しったかぶりをして、相手に話を合わせるよりも、こちらの方がずっとトークを盛り上げることができます。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

「ナンパトーク中に、知らない話題に遭遇した時の対処テクニック」でした。

 

コツは、「一瞬、知っているふりをして、すぐに知らないと伝えること」。

 

これにより、会話の進行を止めずに、盛り上がったまま、その題材について質問をする流れへと、移行することができるという話でした。

 

今後、このような状況に遭遇した時は、意識してこのトークテクニックを使ってみてくださいね。

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。

 

恩田

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA