女子が嫌いなナンパ

Pocket

この記事の所要時間: 328

今回は、女子が嫌いなナンパについてお話します。

 

「女子が嫌いなナンパ」を知っておくとあなたにとってなにが好都合なのか。

 

簡単ですね。

 

女子が嫌いなナンパをしなければ、女子に嫌われない。

 

ってことです。笑

 

女の子も人間でありまして、常に生活中いつもガンシカを決め込んでいるようなプンスカ娘である可能性は極めて低くて、

 

普段は、友達とバカ話に花を咲かせる陽気な姉さんかもしれないし、家族想いの朝ドラにでてくるような心優しいお嬢さんな一面も絶対もっているはずなんです。

 

街で知らない男に声をかけられたという背景・文脈に限り、”性格悪め女子”に大変身をするわけですね。

 

でも、この性格悪目女子に変身させてしまっているのは他でもない私たちナンパ師の不器用な声かけが原因でありまして、

 

「なんだよあの女、ガンシカするとか性根くさってんだろ!?」と吐き捨てる前に自らの行いに目を向けるべきであると思うわけです。

 

 

で、女子が嫌いなナンパとはなんぞやといいますと、ずばり「THE ナンパ」なナンパです。

 

 

「今日もお仕事お疲れ様です」とか「お姉さん可愛いですね」とか。

 

そして、もっと重要なのがナンパを行う場所

 

ナンパ激戦区の渋谷・新宿で、上記のような声かけを続けていては反応率はすこぶる悪いはずです。

 

それは、”THEナンパなナンパ”を女子が一番嫌うからという理由にほかなりません。

 

「とりあえず渋谷で声をかけ来る生き物は無視。」と決め込んで街を歩いている女子も少なくありません。(これは、ティッシュ配りを無意識的に無視している私たちと同じ感覚)

 

”キャッチだろうが、ナンパだろうが、ティッシュ配りだろうがスカウトだろうが、とりあえず無視!”とマインドセット(無意識に)している女子を崩すのはまぁ難しい。

 

でも、場所が変われば、この子らの反応は全然かわってきて、同一人物とは思えないほどやさしい反応をしちゃったりもします。

 

 

例えば、実際に私の女友達の話ですが

 

「この前渋谷であからさまなナンパしてきた奴がいて不愉快だった」

 

と言っていた女子が、別の日には

 

「カフェで隣に座った知的なサラリーマンと話が盛り上がって、流れで名刺渡されちゃって、しかも昨日ラインきて高まってる☆(ゝω・)vキャピ」と嬉しそうに語ってくるわけです。

 

どちらも“知らない女性に声をかける”という意味で同じ行為なのに「(シチュエーションによってこうまで変わるのか、、」と思い知らされました。

 

ということで、女子は、”いかにもなナンパ”を非常に嫌い、否定的な態度をとりますが、逆に、”ナンパっぽくない状況”であればあるほど受け入れてくれるし、そこにユーモア性や、”自然な感じ”があればあるほど反応率はあがっていきます。

 

ですので、普段渋谷でしかストをしないって方は一回ナンパとは無縁の土地で、声かけをしてみるのもおすすめでしてナンパと言えば渋谷新宿!みたいな固定観念を一回捨てて「穴場」を探す面白さも味わっていただければなと思います。

 

ということで、女子が嫌いな”いかにもなナンパ”を避け、場所にもこだわり、反応率をあげていきましょう、という話でした。

 

それでは、今回は以上です。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

恩田




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA