ナンパの失敗を未然に防ぐ6つのポイント

Pocket

この記事の所要時間: 1226

今回はナンパの失敗について掘り下げてみたいと思います。

題して「ナンパの失敗を未然に防ぐ6つのポイント」 です。

 

先に言っておくとナンパでの失敗はつきものであり、

それは決して悪いことではありません。

 

何故ならその失敗を活かすことで更なる成長につながるからです。

むしろ失敗なくして成長はないと言い切ってもいいぐらいです

 

ですから基本的なマインドとして「失敗上等!」ぐらいの心持で

ナンパにトライして行って欲しいのですが

街を見ていると、その自分の失敗に気付かずに

何度も同じ失敗を繰り返してしまうナンパ師を見かけるのも事実です。

 

そこで今回は、初心者が陥りやすく、しかも自分では気づきにくい、

“ナンパでの悪い失敗“について紹介していきます。

 

このポイントを踏まえることによって無駄な遠回りをしなくて済むと思いますので

ぜひ参考にしてみてください

 

 

 

会話の道筋を立てておく

「path」の画像検索結果

大学の友人とナンパをする時や、

ナンパ講習に来ていただいた方のナンパを見ていて思うことは

 

あまりにもアドリブが過ぎている、ということです。

 

ナンパの経験が豊富であり、なんとなく感覚で

どのように進めていけばいいかわかっている上級者ならまだしも

 

右も左も分からない状態でナンパをしている初心者が、

ゴールを設定せずに 闇雲に会話を進めていては

“ダレ”が生じるのは当然です。

 

ですからナンパ初心者・中級者の方は

ナンパのおおよその道筋を決めておき、

それに沿ったナンパをすることが吉です

 

具体的には、

 

・固定したオープナーによって相手が返してくる返事を予測し

さらにその返事に対して一番の切り返しを用意しておく

 

・会話中盤で盛り上がってしまうリスクを防ぐための自分の鉄板の会話をいくつか用意しておく

 

・相手の女性と距離が縮まってきてナンパの連れ出し打診や番号交換打診をするための

スムーズな会話の展開パターンを揃えておく

 

このぐらいの事前準備は必須であり、

スラスラと言えるぐらいにはしておくべきです。

 

ということで、

ただ闇雲にしゃべるのではなく、ある程度の会話の道筋を作って

こちらの有利な状況でナンパをしていくという認識をまず持ちましょう。

 

 

 

お店とホテルの場所のリサーチ

 

 

次にナンパ初心者がやってしまいがちな無駄なミスは

 

声かけが成功した後の連れ出し先の知識不足、

そしてカフェを出た後のホテルのリサーチ不足です。

 

声かけが成功して、お店につれていく場面で

一軒目に入ったお店が満席で、次の店を探すために何軒も回ったり

もっと最悪な展開は商品を注文して二階席に行ったら空席がなかったり。(私の経験談)

 

せっかく女性を連れ出しても、もたつくことによって相手の気持ちが一変し

「やっぱりやめようかな」「この人といても面白くなさそう」

という気持ちが生じてきてしまいます。

 

これは無意味な失敗ですよね。

 

ですから事前に連れ出し先をチェックしていくことはもちろんのこと、

声かけの場所によってどこに連れて行くかというところまで決めておく必要があります。

 

例えば

A 地点であればあそこの店、B地点で声をかけたのであればあそこの店といった具合にです。

 

 

そして次に重要なこと。

 

 

あなたが連れ出した時のカフェもしくは居酒屋から

ラブホテルまでの道筋を、完璧に頭に入れておいてください。

 

ホテル前でのもたつきは、女子を逃す可能性が急激に高まりますし、

何よりスマートでありません。

 

またラブホテルの場所を把握していないという不安が、

セックス打診のチャレンジを妨げる要因にもなりますので

しっかりとリサーチはしておきましょう。

 

 

 

 

ルックスは最低限クリアしているか

「イケメン 」の画像検索結果

ナンパをする上で「ルックス」は目を背ける事のできない問題です。

 

考えてみれば当たり前のことであるのですが

この界隈はルックスではなく会話のトーク力や恋愛の心理学を駆使するば美女を落とせるという風潮もあります。

 

しかしこれは幻想であり、

現実から目を背けているだけなんですね。

 

実際、ルックスは

改善することで一番伸びを実感する要素でもあります。

 

ルックスの改善といっても何も顔面を全部整形しろとかそういった話ではなく

当たり前にモテる男たちがやっていることを最低限やろうよ、というレベルのお話で

とんでもなく高い要求をしているわけではありません。

 

髪型は清潔に整えられているか、髭の剃り残しはないか、眉毛をカットしているか、肌が油ぎっていないか、シャツにしわはないか、肩にフケが乗っていないか、コートにペットの毛がついていないか、靴はボロボロじゃないか、サイズ感のあった服を着ているか、気候に適した服装をしているか

などなど当たり前の基準値をあげていく努力を怠らないようにしましょう。

 

ナンパをしようと思うのならば自分の身なりを整えることは

相手に対するエチケットであり最低限のマナーであります。

 

ルックス・見た目のレベル上げから目を背けたままナンパ活動をすることは

今すぐにでも改善するべき失敗であるといえます。

 

 

 

力んだ状態で声掛けをしていないか

 

 

初心者の人が陥りやすい箇所なのですが、

必死さを伝えることが、ナンパで成功するということではない

という話です。

 

「頑張ってる誠意をみせればみせるほど、

女性は反応してくれるはず!」

という思いを抱きがちなんですけど

 

これはまったく逆でして、

 

必死にやればやるほど、女性は怖さを感じます。笑

 

昔、池袋で

真面目な形相でスパスパ声をかけまくって

撃沈していく青年を見かけました。

彼は元気にしているだろうか、、笑

 

熱心にナンパしているなー

とは思うのですが、それが結果につながるかというとまったく別の話。

 

ナンパでは、自然体とか

リラックスをした状態で声をかけた方が圧倒的に

女性の反応をとることができます。

 

 

逆の立場を想像してみてください。

仮に逆ナンをされたとしましょう。

相手の女性が必死の形相だと、どこか狂気を感じませんか?笑

 

 

自然体を忘れないようにしましょう。

 

”自分の使いやすい言葉遣いをする”、ってのも

これに通じていて、自分のキャラに合わない無理をした声掛けですと

相手は不自然さを見抜くんですね。

 

ですから、自然体・リラックス

といったキーワードはナンパをする上で

重要なものになってきます。

 

 

必死になるのは家での作業!

現場ではリラックス!

 

と覚えておきましょう。

 

 

 

最低限の会話のマナーを心得ているか

関連画像

つづいては、連れ出した後の場面での失敗についてです。

 

 

無事に、声掛けに成功しなんとかカフェで女性と

対峙して会話をしている場面。

 

ここで、やってしまいがちな失敗は

自分の話ばかりをしてしまうという失敗です。

 

 

会話の基本は、

聞き役に徹する・相手を主役に立てる

ということ。

 

あくまでもあなたの自分語りは

あいてがしゃべりやすい雰囲気を作るための

土台にすぎないんだ、という意識を持ちましょう。

 

アタッカーにトスを出すようなイメージです。

 

 

「自分の魅力を伝えなくてはいけない!」と、

自分話ばかりしてしまう人がいます。

 

そして、これが失敗であるとは自分では気づかないものです。

 

 

思い当たる節のある方は

この瞬間から矯正していきましょう。

 

 

相手の言葉をスルーしていないか

 

これは、私が長い間気づかずにいた失敗の1つでもあります。

 

一見、会話が盛り上がっていて

自分の言葉でバンバン笑いをとることができている。

 

なのに、最後の最後で連れ出しを断られたり、

バンゲできても死番化したり。

 

 

そういったことが続いた時期があるんですね。

 

 

その時に、ナンパの先生に言われたことが

「相手に話させる隙を与えていないし、相手のせっかくの発言を

きみのしゃべくり漫談でつぶしてしまっているよ」

 

 

このアドバイスを受けてから、

相手の発言や言動、様子を細かく拾っていくことを

意識づけていきました。

 

 

例えば、

普段であれば見逃していたであろう

相手の独特な言い回しとか、噛んだこととか、

表情の変化とかを見逃さない。とか。

 

勢いでまくしたてる会話のなかに、

相手の言葉を拾うという要素をいれただけで

見違えるほど、ゲット率が高まっていきました。

 

 

「しゃべれるし、笑いもとれるんだけど何かがかみ合わない、、」

 

そういった方は「相手の言葉を拾えているか」

意識して声をかけてみてください。

 

 

失敗を成功に昇華する方法

「level up」の画像検索結果

 

さて、つらつらと

失敗を未然に防ぐポイントについて語ってきました。

 

最後の章では、いかに失敗を有意義なものにするか

というテーマで書かせていただきます。

 

 

失敗を成功に昇華させるために必須のアイテムは

録音機、です。ボイスレコーダーですね。

 

 

なぜ、失敗を見過ごしてしまうかというと

記憶をすることができないからです。

 

 

どこを改善すればいいのか把握したとしても

あなた自身のナンパを正確に覚えていなければ、

改善ポイントが明確に浮かび上がってきません。

 

 

正確に一語一句ナンパを覚えることなんてのは不可能ですので

録音機が必須ということになります。

 

 

自分の音声を聞くと、

気づかされる箇所がいくつもでてきます。

 

「なぜ、ここでこんなセリフを言ってしまったんだろう」

「気づかなかったけど相手の子、ここでこんな発言してるな」

 

とか、現場でのミスが痛いくらいに自覚できます。笑

 

 

また、自分の音声を聞いていて恥ずかしくなってくるんですよ笑

「こんな拙いナンパしてちゃあかんな」と思えれば、成長は早いです。

 

 

自分の記憶だけに頼らず

機械を用いて、しっかり自分の失敗と向き合っていきましょう。

 

 

これが一番最速で成長する確実な方法です。

 

 

終わりに

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

ナンパでの失敗を未然に防ぐポイント

と、失敗を成功に昇華する方法でした。

 

 

これに気付くのと、気づかずにそのまま

ずるずると愚行を繰り返すのとでは、

成長スピードに大きな差をつけることは間違いないので、

 

ぜひ、一つずつチェックしてみてください。

 

 

まとめますと、

①会話の道筋を立てておく
②お店とホテルの場所のリサーチ
③ルックスは最低限クリアしているか
④力んだ状態で声掛けをしていないか
⑤最低限の会話のマナーを心得ているか
⑥相手の言葉をスルーしていないか

 

 

 

 

ということでした。

 

 

それでは、

失敗を上手に活用して

ナンパ上達の道を歩んでいきましょう!

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

恩田




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA