ナンパ師の「深い話・恋愛話に持っていくための話の振り方」

Pocket

この記事の所要時間: 821

狙っている女性と、深い話や恋愛話をする際、あなたは、確実に盛り上げることが出来ていますか?

 

確実に、深い話や恋愛話を遂行するには正しい会話の手順と、その話の振り方を抑える必要があります。

 

ナンパをして、その日のうちに女性とセックスをしたいのであれば、連れ出し先での女性との深い話・恋愛話は、避けては通れない通過点です。

 

今回は、連れ出した後に女性と恋愛話・深い話をするために抑えておく簡単なポイントをお伝えします。

 

「深い話をせずに、カフェをでてしまった。」とか「2人の距離を縮められずにアポが終了した。」といった失態をしないためにも、ぜひお読みください。

 

めちゃくそ簡単なので。笑

 

それでは、いきます。

 

恋愛話・深い話をするべき理由と注意点

 

女性との会話で恋愛話が絶対に必要な理由

「talk girl」の画像検索結果

なぜ、ナンパで連れ出した時や、アポでの会話で深い話・恋愛話が必須なのでしょうか。

 

簡潔に答えを述べると、女性をホテルへと誘導したいのであれば、「相手の心を大きく動かす必要があるから」です。

 

「あれ、なんで初めてあった人なのにこんな深い話しちゃってるんだろう」と、女性に思わせることで、相手は勝手にあなたに対して、興味や期待といった感情を抱くのです。

 

女の子は、こちらに特別感を抱いてくれれば、セックス打診をしても快く承諾をしてくれます。(当たり前の話ですが)

 

天気の話や乃木坂46の話をしていても、相手の女の子は平常心のまま、心は一ミリも動きません。

 

女性に「ほかの男と違う」と感じさせるためには、深い話・恋愛話は避けては通れないということです。

 

恋愛話をする際の注意点

「important point」の画像検索結果

しかし、注意点があります。

 

それは「いきなり唐突に深い話や恋愛話を切り込むのはNGである」ということ。

 

なぜ、唐突に、深い話や恋愛話を切り込んではいけないかというと、会話には順序があるので、いきなり恋愛話をぶっこむと女慣れしていない印象を与えてしまいますし、女の子側もスムーズに話を切り出しづらくなってしまうためです。

 

また、いきなり恋愛話を切り出してしまうと、女の子に「(この人、いつも、こういう手口なんじゃないの?)」と悟らせてしまいます。笑

 

女性は、罠にはまっていると感じると一瞬で覚める生き物なので、はめていることすら気づかせずに会話展開をしていくべきなんですね。

 

「(恋愛話をしなければ、、!)」と思っていると、焦っていきなり切り出してしまう人もいるので注意してくださいね。

 

女性と深い話・恋愛話をするために「挟んでおく話題」と「話の振り方」

 

恋愛話の前に挟むべき話題とは?

女性と深い話・恋愛話をする前に、行うべきことは会話のジャブを撃つことです。

 

そこまで踏み込んだ話題ではないんだけど、親近感を覚える話題を振り出していきます。

 

具体的には、「家族」「女友達のえぐい話」といったものから、私は攻めていきます。

 

自分の大切な人の話をすることで、相手に心を許してしまう効果があるからです。

 

ですので、むりやり、ほじくっていきます。

 

とはいっても、家族や友達といった話題なら女の子も「ごく当たり前の世間話」くらいにしか感じないはずです。

 

こういった話題から距離を縮めていき、その後の深い話や恋愛話に繋げていきます。

 

他に、個人的におススメな話題は「幼少期に見ていたテレビ番組」とかですね。

「おかあさんと一緒」の画像検索結果

 

だいたい「おかあさんと一緒」ネタで盛り上がります。ここで距離を縮めてます。笑

 

まぁ、実際は、育ってきた境遇とか、自分のバックボーンが垣間見える話題ならなんでもOKです!

 

ジャブ話の振り方

「talk」の画像検索結果

 

一応、話の振り方まで書いておきますね。

 

家族の話を振る際は「つか、ひとりっ子でしょ」といった切り込み方で入ります。

 

世間一般的に「ひとりっこ=わがまま」なイメージがあるかと思います。

 

ですので、この質問を受けた女の子は、「(あたし、わがままっぽく見られてる?)」と思い、話に食いついてきます。

 

「え、なんでなんで」と、聞いてくることでしょう。

 

そこから、わちゃわちゃと会話のやりとりをして、家族の話に持ち込む展開は、想像に難なくないはずです。

 

相手にベクトルを向けた会話ってのはこういう感覚です。

 

こういった角度で、質問を当てていくと、下心も感じさせず、スムーズに会話を展開していくことができます。

 

「女友達のえぐい話」の振り方は、上記の話を参考にしてご自身で考えてみてください。いい訓練になると思います。

 

「正しい会話の振り方を覚える」ってのも大事な恋愛力の要素ですからね。

 

恋愛話の振り方。実例を公開

 

さて、前章までは、「恋愛話をするための土台作りのお話」でした。

 

ここからは、いよいよ、恋愛話の振り方についてです。

 

しかし、大事なことは、「恋愛話を振るまでの土台をいかに構築できていたか」ということであり、恋愛話の内容は正直、なんでもかまいません。

 

スムーズに違和感なく、恋愛話へと移行させることが、重要なポイントです。

 

これだけは、忘れないでくださいね。

 

それでは、私が普段使っている恋愛話の振り方を紹介します。

 

「恋人の有無」から恋愛話へ入るパターン

「boyfriend」の画像検索結果

一番、使いやすい、パターンが「恋人の有無」から入るパターンです。

 

「彼氏は同じ職場の人?」

 

「彼氏はサークル同じ?」

 

といった、使い方をします。

 

重要なことは、すでに相手に彼氏がいる前提で話を振るということ。

 

なぜならば、「彼氏いるの?」という聞き方をすると、一気にあなたがその子を狙っているような雰囲気がでてしまい、立場が劣勢になってしまうためです。

 

そうではなく、すでに、相手に彼氏がいる体で話をすることによって、対等感を維持しつつ、「わちゃわちゃした」会話を、女性とすることができます。

 

相手が、彼氏がいる場合は、「そうだよ」といった返事が来るでしょうし、相手に、彼氏がいない場合は「いないですよ」といった返事がきますので、すでに彼氏がいる前提で話を進めることにデメリットがありません。

 

正しい、恋愛話の振り方とともに、恋人の有無の聞き方も、覚えておきましょう。

 

心理テストから恋愛話へと入るパターン

 

これも鉄板の恋愛話の切り出し方ですね。

 

基本的に女性ってのは、心理テストというものが好きです。笑

 

いきなり「心理テスト出すよ!」とかだとキモいので、「この前友達にだされたんだけど、まじ全然当たんないのね。ためしに出してみてもいい?笑」といった使い方で、切り出すと、自然に使えます。

 

そして、心理テストの内容は、なんでもかまいません。適当に思いついた内容でOkです。笑

 

恋愛話を切り出すための、道具にすぎませんので。

 

「その選択肢を選んだ人は、基本的に追いかけられたいタイプらしいよ。合ってる??」とか、いっておけば、相手はぺらぺらと語りだします。これで恋愛話スタートです。

 

簡単な恋愛話の導入方法ですので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

女性と深い話や恋愛話を確実に遂行するための簡単なステッについてでした。

 

意識しておけば、確実に行えるので、カフェについたら、とりあえず「家族」と「女友達のえぐい話」を引き出すことを覚えておきましょう。

 

そして、会話の勢いをつける「話題の振り方」でジャブを打ち、恋愛話へと、切り込んでいく。

 

今回は、恋愛話の切り込み方の実例もご紹介しましたので、ぜひ、試してみてくださいね。

 

それでは、今日は以上です。

 

お読みいただきありがとうございました。

恩田

 

===関連記事===

 

ナンパした相手が自分から話し出す!秘密のトークテクニック!

 

ナンパ師の脈ありサインの見分け方!5つの見極めポイントとは!?

 

ナンパのやり方!声かけ、連れ出し、即までの流れを徹底大公開!

 

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA