ナンパで相手から反応を得たときに、あなたがすべきこと。

Pocket

この記事の所要時間: 712

こんにちは、

恩田そら(オンダソラ)です。

 

ナンパには、必ず踏まなければいけないステップというものが存在します。

そのステップを着実に1つ1つ踏むことで、ゴールへ到達することができるわけです。

今回は、ナンパ冒頭の部分のお話です。声をかけたその次の瞬間の話です。

関連記事・前回のステップ初心者がオープナーを固定すべき3つの理由

 

この箇所はナンパのステップの中でも

みなさんがうっかり忘れがちであり

意識していても、最初はなかなか実行することができない部分

であると言えます。

 

 

この声をかけて相手が反応をした瞬間に何を意識するかというと

・相手から笑い反応を引き出したら、そのままのテンションを維持し続けよう

・相手のこちらへの意識の集中を、切らせないようにしよう

・一瞬生まれた意識を、巻きとって離さないようにしよう

といった感じでしょうか。

伝えるのが難しい笑

 

しかし、とても大事な要素であり

ナンパの腕を上げるためには避けては通れない箇所であります。

 

文章で伝えることは

おそらく不可能なので

音声を用いて、お伝えします。

 

それでは、いきましょう。

 

相手から反応を得た後のナンパ冒頭場面。ここの突破がおそらく一番難しい。

「試練」の画像検索結果

 

さて、講習生のナンパを見ていてやはり難しいんだなぁと痛感させられる箇所が、今回お話しする部分です。

すばり”相手から笑いを引き出した、その次の瞬間”のお話であります。

 

 

オープナーも覚えた。つぎに畳みかけるセリフも覚えた。

それを適切なタイミングとトーンでスラスラと発動することもできる。

そして相手もうっすら笑う。

 

しかし、

足を止めることができない。それ以上、テンションを上げることができない。

 

こういった方は本当に多い。

足を止めれない理由はその他にも、いろいろあるんですが

この声をかけて、あいてが笑った一瞬の隙に入り込めないってのが一番の要因

弱気、声が小さい、遠慮がちである、相手の反応を伺いながらの会話しかできない

なーんて人は、もう論外です。一気に、女性からバチッと切り上げられてしまいます。

 

強気、声も大きい、堂々としている、相手の顔色をうかがわない

って人でも 知識がないと難しい。

 

しかし、ここを切り抜けると

もう会話モードに入り込めるので

そこまで力をこめずとも、会話は成立するんですね。

参照:ナンパは冒頭を突破すりゃなんとかなるって話

 

なので、

しっかり習得してほしい箇所でもあるわけです。

 

 

で、どうすりゃいいの?

「how」の画像検索結果

「大事なのは分かった。難しいのも分かった。

で、どうすりゃいいの?」って話なんですが

 

 

相手から反応を引き出したら

第2声目、第3声目のセリフは

オープン(声かけ第一声目)の時のテンションよりも、

もっと上のテンションで相手にぶつけよう

っていうことですね。

 

オープンのセリフは、

しっかりと相手の意識をとれるように

ハッキリと強めなトーンで、

無視をさせないぞっていう意識で入り込む必要があります。

(後述の実録音声を参照してください)

 

しかし、それ以上に

後続のセリフをトーンを高めてぶちあてていく必要があります。

 

で、講習生にもその意識で行こう、と伝えるんですが

オープナーまではこの意識で入れるんだけど、

その次 相手から反応をとった瞬間にテンションが下がってしまう

弱気になってしまうんですね。

 

そうなると、相手の意識を巻き取ることができず

テンションが下がったまま進行してしまうので、挽回が難しいんです。

 

俺の感覚としては

①オープン一発目は、声を「強め」「無視をさせない意識」「どんと切り込む」(なのでここはちょいと顔をマジにする)

②相手が笑った瞬間に、

さらにテンション(トーン)を上げて、(しかしここでは真剣モードは解除)ユーモアだと相手に伝わる意識で

笑いも足しつつ、次のセリフをぶつける

 

といった感じです。

 

ぜったい伝わらない笑

 

てことで

音声ですね。

 

実際のナンパ音声を聞いて感覚を掴もう。

「スピーカー イラスト」の画像検索結果

 

 

言葉では、確実に意味不明なので

音声と書き起こしを用います。これで一発で伝わりますね!

(過去の実録音声記事から使えそうなのをチョイスしました)

 

 

音声を聞きながら、書き起こしを読めます

 

0:00~0:17秒

 

俺「すいません。スゲーなんか忙しそうなんですけど、わかりますかねえ(ボードを見せる)。」①

JD「(チラ見からの、そのまま行こうとする)」

俺「ちなみに、たこ焼きってしってます?(手で制しながら)」②

JD「(にやつきながら頷く)」

俺「マジっすか。どんな料理か説明してもらっていいですか」③

JD「小麦粉の中に」

俺「わあ、めっちゃ勘が良っ。頭いいんじゃないですか」④

JD「液がはいってる」

俺「はい、馬鹿ばれたー」⑤

 

①→②→③→④→⑤と、どんどんテンションをあげていることがわかるでしょうか。

①では、無視をさせないぞ っていう意識をもちながら突っ込んでいます。

が、相手がチラ見程度で反応はとれていません

この段階では、決してトーンを上げてはいけません (ここであげちゃうと、から回ります)

 

さらに②と③セリフを伝えて 反応を引き出します。

(あ、②の部分で、手で制しているんですが相手の動きを止める、こちらに意識を向かせるにはこういう細かいところも重要だったりします、、)

③の「まじっすか」 を食い気味で入れて、反応を離さないようにしています。

 

で、相手からセリフが出たところで④ テンション高めにしているのが伝わりますでしょうか。

で、相手もさらに乗ってくる

 

⑤ぶちこむ。→一気に会話成立モードへ。

 

 

 

このように、①から⑤まで、順にどんどんテンションを少しずつ上げていっています。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

文字では、なかなか感覚を掴みにくいと思いますので

音声を参考にされてみてください。

 

今回載せた音声以外にも、このブログ上の音声は

ほぼこの手順通りの声掛けになっているはずですので

いろいろ聞いてみてくださいね。

 

最後にもう一度。

相手から反応を得た後に、あなたがすべきことは

冒頭のテンションよりも、高いテンションで相手を巻き込む。

 

それでは、失礼します٩( ‘ω’ )و

 

恩田でした

 

関連記事:ステップ0 声をかけるその前にあなたが考えること

関連記事:ステップ1 オープナーを固定して声をかける3つのメリット

 




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA