ナンパで声掛けをする前に行う2つのステップ

Pocket

この記事の所要時間: 812

こんにちは、恩田です。

 

女性に声をかけて、

お茶に連れ出す、ラインをゲットする、

というゴールに至るまでに

大事な要点ってのはいくつもあるんですが

 

実は、

声をかける前にもおさえておくべきポイントが2つあります。

 

何も考えずに、

かわいい子がいたから咄嗟に声をかける。

って方は意外と多いです。

 

しかし、この声掛け前の2ステップを踏むことで

あなたのナンパ成功率は格段に上昇します。

 

自分のナンパ講習では

座学に入る前に実際に声掛けをやってもらうことがあるんですが

(実際のナンパを見ることで何が弱点か浮き彫りになるのでピンポイントで座学でお伝えすることができるため)

 

「わかりました!!」

つって、ものの2秒で声をかけるって方がたまーにいるんですね。

地蔵しないのは素晴らしいし、そのガッツは羨ましいくらい逞しい。笑

きっと物怖じしない方なのでグングン成長していくんだろうなぁと感じると同時に

声掛け前にすべきことが欠落しているな、と判断します。

もちろんそのことをお伝えさせていただきます。

すると、考えてもいなかったですと大体の方がおっしゃいますw

 

ということで、

「今回はナンパで声をかける前に行う2つの確認事項」

というテーマでお送りさせていただきます。

 

このステップを踏むことで

ぐぐっと成功率は上がりますし、

ぜんぜん難しいことではないので

ぜひ、お読みください。

 

声掛け前に女の子を観察する

 

かわいい女の子を見つけた!

咄嗟に足が動く、ここまではOK

しかし、そのまま何も考えずに突っ込むのはNG!

女の子の観察を忘れないで!

 

しかし、観察っていわれても

何を観察すればいいのでしょう。

俺の脳内をここでお伝えします。

 

①事前に使えそうな武器を見つける

関連画像

さて、観察っていったいなんのために行うんでしょうか。

定義づけをしたいと思います。

 

ナンパでの観察とは

あなたの武器を増やすために行う作業

のことです。(ドドン)

 

ナンパの第一段階の目的は、女性と仲良くなることなので

当然、笑いを引き出すための武器は多くそろえて声をかけにいくべきなんですね。

 

たとえば、

相手の持ち物、髪型、髪色、カバンの大きさ、くつの種類、急いでいるのか

ゆっくりなのか、イヤホンをつけているのか、スマホのケースは?

 

くまなく見て行って、使えそうな武器を見つけてください。

 

例えば、

・髪色が派手だったら

「てか、真剣に疑問なんすけどそれ地毛すか?」

 

・カバンが大きめだったら

「つかめっちゃ人殴るのに適してますね」

 

・カバンがブランド品だったら

「なにどや顔で偽物みにつけてんだよ」

 

・イヤホンをつけているなら

イヤホンの指摘→「あ、まじで外すんすね」

 

・くつがヒールなら

「いて、俺の足ふんだぞ」

 

・くつがスニーカーなら

「かけっこ早そう」

 

・急いでいるなら

同じ速度で並行トークをしながら「やばい、早い おいつけない」

 

とかとかとか

武器を探すんです。

 

この武器があるかないかで、勝負の明暗が分かれたりします。

何も考えずに飛び込むと、話している途中で相手の持ち物を探すことになりますが

そんな芸達者なことは、初心者の間は絶対できません。

目の前の会話でいっぱいいっぱいのはずです。

 

なので、事前にゆっくりと観察をして

ここぞというときに、ぶちこみましょう。

 

 

②どのように武器を使うのかシミュレーションを立てる

「脳内」の画像検索結果

さて、武器を発見したあなたは

意気揚々と声をかけたくてしょうがないはず。

 

しかし、まだです。まだこらえてください。

 

今度は、その武器をどのように会話に組み込むか

軽く声掛けのシミュレーションをしてほしいんですね。

 

 

①オープナーと絡められそうだから、オープナーに組み込むのか

→「え、うっそたこやき好きだと思ったけどな ショートボブの子はたこやき好きってメンズノンノに書いてあった」

※たこやきオープナーについてはコチラ

②オープナーとは関係がなさそうだから、いきなりぶちこむパターンにもっていくのか

→「つか今までの話はどうでもよくて 一つ聞きたい。 それ地毛?」

③めちゃインパクトある武器だから、もうこれをオープナーにするのか

→「ちょ、まじでやばい やばい その服チカチカしすぎだろww やばいって」

 

・武器をどこで差し込むのか

・どのような使い方をするのか

 

を、軽くでいいので頭に思い浮かべてから

女性に声をかけましょう。

 

何も考えていなかったという方は

今までより、はるかにアプローチの安定感が増してくるはずです。

 

声掛け場所の選定

「人込み」の画像検索結果

 

さて、

観察をし、武器をみつけ、その武器の扱い方も決めたあなたは

もう今すぐにでも声をかけたい状態になっているはずです。

 

が、まだです笑

「どんだけ焦らすねんコラ」

とお思いでしょうが まだなんです。

 

次にすることは

声をかける場所の選定

です。

 

女の子が気持ちよく会話に応じるような場所に行くまで待つorついていく必要があります。

気持ちよく会話できるってのは、不快指数が低いところで会話をすることができるってことですね。

 

どういうことかというと

 

路上の場合、

女の子の不快指数が多いところといえば

①人混み(例、竹下通りとか スクランブル交差点とか)

②悪天候(土砂降りとか)

等があげられます。

 

こういったシチュエーションで声をかけてしまうと

そもそもストレスを感じている状態なので、無視されやすいんですよ

「(話聞くのダリィ、逃げよ)」って感じです。

 

なので、人込みであるならば

人混みが開ける場所までついていく

で、ひらけた場所、周りに人が密集していない場所で声をかける

 

雨が降っているなら、

そもそも路上でストるべきではないんですが

駅構内に入ったところでアプローチを試みる。

等の工夫が必要です。

 

文化祭の講習でよく見かけるのが

ステージ上でのバンドが大音量で演奏している真横で、声をかけちゃうパターン。

「バンド 野外」の画像検索結果

「すいませ」 

「え?」 

「え?」 

「いや、友達が」 

「え?」

「聞き返す」の画像検索結果

みたいなやりとりを何度か目にしましたが

話ができていないので当然、場のテンションも上がらず放流という結末に終わります。

 

静かな場所で声をかけてりゃいける可能性もあったわけですよ。

声掛けの場所 で結果を左右されるのは非常にもったいないですよね。

 

なので、

声をかける前に、

声掛けの場所はここがベストなのか?

吟味してからナンパをしましょう。

 

 

 

終わりに

 

はい。いかがでしたでしょうか。

「声掛け前に考えることなんてあったんや なんも考えとらんかった」

と、思っていただける方がいれば光栄です笑

 

ここでおさらいです。

 

・声掛け前の2ステップ

①観察

→相手を観察して、あなたの武器になりえる要素を探す

→その武器をどのように会話に組み込むかシミュレーションをする

 

②場所の選定

→女の子の不快指数が高い場所ではないか

→ベストなポジションはどこか考え、そこに到達するまでは声をかけない

 

以上です。

 

ということで

声掛け前の2ステップ!

忘れないようにしましょう。

 

不安定だったアプローチが、

みるみる安定感のあるナンパアプローチへとレベルアップしていくことでしょう。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

恩田そらでした。

 

次のステップ:武器をそろえたあなたが次にすべき行動(オープナーを固定する3つのメリット)




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA