「いい人はなぜモテないのか」女友達から大きなヒントを得た話。

Pocket

この記事の所要時間: 69

こんにちは、恩田そらです。

 

私には、赤裸々に恋愛トークをできる女友達が数人います。

 

その子たちは、私が文化祭で女の子を釣りまくっていることを知っているし、私のホテルに誘い込む手口も知っている。

 

逆に、その子がインターン先で穴兄弟を作りまくっていることを私は知っています。

 

そのくらい赤裸々に話す女友達。

 

本音の本音を教えてくれるので、恋愛力アップには欠かせない貴重な存在であるわけですw

 

そんな女友達と話していて気づかされたことがありました。

 

ずばり「なぜ、いい人はモテないのか」

 

永遠のテーマですねw

 

では、さっそく切り込んでいきましょう。

 

ヒントをくれた女友達の「いい人」の話

 

 

ヒントをくれた女友達のエピソードです。

 

女友達の名前を優子とします。今時のキラキラ系JDです。

関連画像

大学三年なのでインターン活動に専念中。

 

そのインターン先で3人の男の子からアプローチを受けたそうで「どの男がいいかなー」と相談を受けました。(結末を言うと、そのうちの2人と寝たそう)

 

相談内容を簡単に書きます。

 

その男子達から個別にデートの提案をされたけど、生理と風邪のダブルパンチでデートにいけなくなってしまった優子。

 

その旨を、それぞれ3人の男の子に伝えると「りょーかい また連絡するねー」というお返事を男子たちから貰った。

 

3人のうちの2人からは、とくに体調を気遣うラインは来ず数日後、またデートを取り付けるラインがきた。

 

しかし残りの一人は とても丁寧に体調を気遣ってくれたんだそうな。

 

「気にしないで、ゆっくり休んでね」「熱下がった?風邪の時は○○を食べるといいんだって!」といった気遣いのラインがこまめに送られてきたそうです。

 

そうです。この人が ”いい人” です。

 

「で、その扱いを受けて優子はどう感じたの??」と私が聞くと

 

「いや、めっちゃ体調きにかけてくれるし顔もタイプだし めっちゃいいひと。残りのやつらは見習えって感じ」

 

と、”いい人”はめちゃくちゃ好印象の様子。

 

しかし、結果を言うと優子が寝たのは、”いい人”ではない残りの2人だったというオチです。

 

さぁなぜ、”いい人”は好印象だったのに優子とセックスすることができなかったのでしょうか。

 

”いい人”は、なぜモテないのか

関連画像

おそらく、上記のエピソードの”いい人”は女性経験が乏しい

 

顔はかっこいいとのことなので、人並な女性経験はあるのでしょうが、ナンパで女を食いまくる、みたいな人種ではないだろうなーという予想がたちます。

 

「体調を崩した女の子に対してこまめに気遣ってあげる男の子。」

 

一見、モテそうですが、モテません(イケメンを除く)。我々、フツメンかそれより下のフェイスの方々はこんなことをしても相手をホテルに連れ込むことができません。

 

イケメンであっても、長期間をかけてお付き合いに発展していく、という順序を踏むことになると思います。

 

「その日の流れでやっちゃった」とか「なんとなくそういう雰囲気になった」とかそういう展開にはなりえないんですね。

 

なぜ、”いい人”は優子から好印象を得ていたのにも関わらずホテルに連れ出すことができなかったのか?

 

それは、優子に対して価値を置きすぎてしまっていたからです。

 

では、なぜ価値を置きすぎると、さくっとセックスに持ち運ぶことができなくなるのか?

 

その理由は、価値を置きすぎると、男と女の距離が縮まらないからです。

「男女」の画像検索結果

 

もすこしじっくり解説します。

 

相手の女性に価値を置く。こまめに体調を気遣ったり、相手を尊重しすぎてしまったり。

 

すると、そのような扱いを受けた女性はどう思うかというと「やっべ、丁寧に扱われてる。素はみせらんねぇな 清楚な女のままでいつづけなきゃ」という心理になるわけです。

 

女に価値を置きすぎてしまう男も、「誠実な男でいなきゃ」と思っています。

 

つまり、お互いが誠実・清楚を演じているわけです。

 

そんな状態でデートを迎えますと、当然、会話をしたときに、深まった話題をすることができないわけです。

 

お互いが誠実ぶっているのでw

 

深まった話題ってのは、性的なトークです。

 

「やばい性癖をもった元彼の話」とか

「浮気をした・されたの話」とか

 

ヤリチンと呼ばれる方々は、こういう展開にするのがうまいんですね。

 

けど、誠実・清楚ぶった男女はそんなトーク展開にはなりません。

 

おそらく、将来の夢()とか語っちゃうんだと思います。

 

さらに誠実に拍車がかかるw

 

ゆえに、その日にセックスをするような展開にはなりえないというわけ。

 

がんばってホテルを提案してみても「そういうことする人だとは思ってなかった」なんてセリフを言われてしまうわけです。

 

誠実にふるまったことにより相手の女の子の仮面をはがせず距離が縮まらないという最悪の展開を迎えたわけですね。

 

 

これが”いい人”が優子をホテルに連れ込むことができなかった理由でした。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

相手に価値を置いてしまう男子は多いです。

 

原理をわかっていても、相手が美女だとやってしまいがちです。私も未だにやってしまうことあり

 

さくっとセックスまで運べるような男になりたいなら「相手に価値を置きすぎない」と覚えておきましょう。

 

ということで、終わります。

 

お読みいただき有難うございました。

 

恩田

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表では言えない「男の欲望を叶える恋愛メルマガ」発行中。


最短最速で
恋愛強者になりたいあなたへ

恩田の無料メールセミナー

 

 

上記音声は、カフェを出てから5分
彼氏持ち読モJDをホテルへと連れ出した音声の一部です。

現在、特別プレゼントにて、ホテル連れ出し音声の全貌解説をお渡ししております。

恋愛強者が、いかにして
女性をホテルへと連れ込み、
どんな思考でテクニックを使っているのか。
なぜ口説かずとも、ハイレベルな女性がセックス打診に応じるのか。

そのすべてを理解できるようになっています。

ブログでは言えない刺激的で再現性の高い情報が詰まっているメールセミナーで
恋愛の本質を学びましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA