ナンパを習慣化する2つのコツ

Pocket

この記事の所要時間: 346

こんにちは

恩田そらです。

 

今回は、ナンパを得意分野にする上で

一番重要と言っても過言ではない

「習慣化」についてです。

 

習慣化するのが大事なことは分かっているけど

それができなくて困ってんだよ。

 

という声も聞こえてきそうなので

今回は、習慣化の2つのコツについてお話させていただきます。

 

 

ナンパを習慣化させるコツ2つ

「habit」の画像検索結果

①ベイビーステップで始める

 

ベイビーステップって言葉をきいたことがありますでしょうか。

和訳にすると「赤ちゃんのよちよち歩き」とか言われています。

 

習慣化したいのであれば、

最初の入口はハードルをものすごい低いものに設定しなさいよってことです。

 

 

ナンパに置き換えれば

「1日2人に声を掛ける」

「ナンパの活動時間を5分にする」

「あいてから笑いをとれればクリアとする」

もっといえば、

「センター街に立てれば、OKとする」

 

とかとか。

 

ハードルを低く設定し

毎日継続していきましょ

ってことです

 

 

とくに、最初の頃は地蔵もするだろうし

声かけるだけで何十分と時間をかけてしまうかもしれないし

いきなり高いハードルを設定してしまうのは

賢い選択とは言えません。

(絶対、途中でやめる)

 

「声掛けに慣れたい」

「街に慣れたい」

のであれば、このような

簡単なステップを段階的に踏んでいきましょう。

 

②習慣と習慣の間に挟み込む

 

人の一日は、習慣でなりたっています。

あなたがすでに習慣化しているものの間に、新たな物事を挟み込むのです。

 

Aという習慣とBという習慣がすでに確立されていたとして、

ナンパをAとBの間に挟み込むんですね。

 

Aという行為をしたときに、ナンパを流れ作業で行えるように設定するのがコツです。

 

ナンパで言うと、

街に出るってのが前提条件なので

 

学校(習慣)の後、バイト(習慣)の前に

”街に出てナンパをする”というタスクを挟み込む。

ってことです。

 

流れ作業的に、捉えるのがコツです。

 

 

この二つを、意識してナンパスケジュールを組むと

ナンパってのは”日常”になります。

 

ナンパに限らず、なんだって習慣化できる。

「all things」の画像検索結果

たとえば、「ブログの執筆」を例にとってみると

 

 

①毎日、1段落はかならず書く=ベイビーステップ

授業と授業の空きコマで学校の図書館で記事作成する=習慣と習慣の間に挟み込む

 

ブログを書き初めの頃は、この2つの要素をちゃんと取り入れていました。

 

ナンパに限らず、上記の2つのポイントを意識すれば、なんでも応用可能です。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

習慣化するってのは、いいかえれば

エネルギーをつかわずに物事を行うってことです。

ナンパを行う際に、負担を感じなければ

試行回数が増えるってことになるので

成長は早いです。

 

ぜひ、ナンパを習慣化していってください。

 

その際に、意識することは

①最初はハードルを低く!

②習慣と習慣のあいだに、挟み込む!

 

 

3週間継続すると、その物事は習慣化する

と言われています。

 

3週間を乗り切れば勝ちなので

上記を意識して、乗り越えましょうw

 

 

 

それでは、以上です!

 

恩田でした。




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA