ナンパ地蔵講習を受けてきたので内容を暴露しよう。

Pocket

この記事の所要時間: 60

最近、ナンパブログやツイッターを巡回していると、「地蔵講習」という単語を目にする機会がありますよね。

 

「どんなことをするんだろうか。」と、お思いになった方も多いと思います。

 

実は私自身、ナンパを始めてすぐのころ、ある方の地蔵講習を受けた経験があります。

 

今回の記事では、その地蔵講習で、「どんなことをしたのか」「何を学んだのか」をお伝えします。

 

「ナンパの地蔵講習に興味を持っているけど、実態がよくわからない」という方の参考になればと、思います。

 

地蔵講習の内容

f:id:yukimatu-tousi:20180302202529p:plain

まずは、どのような流れでナンパの地蔵講習が行われるのか、お伝えします。

 

地蔵講習前日

 

ある方のブログにて、その方が地蔵講習を開催するという告知を見て、試しに申し込みをしました。

 

すぐにメールが返ってきたのを覚えています。

 

そこには集合場所の居酒屋の住所と、講習の料金が書かれていました。

 

料金は2時間で5000円でした。

 

居酒屋での飲食代も含まれていたので、なかなかリーズナブルだったんじゃないかと思います。

 

地蔵講習当日・居酒屋にて

 

昼前の11時に、居酒屋で待ち合わせ。

 

私の他に、一人、別のお客さんがいらっしゃいました。

 

居酒屋にて、世間話を1時間30分ほど。

 

ここでは、あまり地蔵とかナンパノウハウ、ナンパ理論のような、会話は行っていません。

 

ナンパ歴とか、どんな店を使うか、とかそういった「情報交換」のような内容だった記憶があります。

 

 

で、そろそろ路上講習に行こうかというところで、軽く地蔵打破のための教えを頂き、居酒屋を後にして、路上へと繰り出しました。

 

 

地蔵講習・実践編

 

さて、いよいよ待ちに待った実地講習です。

 

始めに、先生の声かけを見させていただきました。

 

とはいっても、何を話しているかは聞こえず、様子だけを眺めているような感じ。

 

さすが、地蔵講習という名だけあって、ガンガン声をかけてらっしゃいました。

 

その後、いよいよ私たち講習生の番です。

 

「あの人いってみたらいいんじゃないですか」

 

指名を受けて、声をかけに行く、というスタイルで、30分ほど行っていました。

 

中には、番号ゲットできる機会もあったりで、だんだんと、ナンパに慣れていく感覚を覚え始めていました。

 

たまに、外人のおばさん、なんかを指名され、何を話していいのか分からないまま声をかけに行くという、メンタルの修行の様な声かけもありましたね。笑

 

無事、皆が、声をかけることができるようになり、地蔵講習は終わり。

 

講習開始から2時間30分ほどたったころに、地蔵講習終了となりました。

地蔵講習で教えていただいた事

職業訓練を受講するきっかけ

 

さて、続いては、地蔵講習で教えていただいた内容を、ここで公開します。

 

講習の料金が5000円だったので、この記事は下手すると5000円相当の価値がある。というわけですね。笑

 

地蔵を打破するために、私が先生から教えていただいた事は1つでした。

 

それは、「まず最初にトランス状態に入ってしまえ」という事。

 

トランス状態に入ってしまえば、小さな地蔵の原因なんて、気にならないレベルで声かけに慣れるから、だそうです。

 

でも、疑問に思う事がありますよね。

 

どうやってトランス状態に入るねん。

 

だいじょうぶです。それについても聞いてきましたので、ご安心ください。

 

トランス状態に入る方法2つ

サンフランシスコの夜景

一つ目の方法が、「5秒に1人のペースで声をかける」というもの。

 

最初の負荷は高いのですが、これ、実際にやってみると、トランス状態に入ります。

 

5秒に1人なので、会話はまともに成立しないんですよ。

 

一方的に女性に声をかけて、勝手に会話を終わらせて、次の女性にまた、よくわからない声かけで突っ込む。

 

これを繰り返すんですけど、継続してると、頭がラリってきます。

 

羞恥心とかそういったものは消えて、「声かけマシーン」になるかのような錯覚に陥ります。笑

 

で、地蔵の概念をぶっとばしたところで、通常の声かけをスタートする。てな感じです。

 

次のトランスの入り方は、「普段の自分と真逆のキャラを演じて声かけをする」というもの。

 

これも、なかなか効果がありました。

 

例えば、普段弱気な男性ならば「めちゃめちゃ高圧的な演技をして女子に声をかける」。

 

もちろん、普段の自分ではないので、長時間は持たないし、成功はしないのですが普段と違う自分を演じることで、非日常な感じからトランス状態に入れるんです。

 

「(だれだよこれ)」と自分で思いながら、声をかけることで、小さな地蔵の原因がばからしく思えてくるんですね。

 

で、地蔵の概念をぶっとばしたところで、通常のモードで声かけを再開します。

 

「このような使い方で、地蔵の状態を抜け出そう。」というお話を、地蔵講習で、していただき、実際に実践してみることで、効果を体感することができました。

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

実際のナンパ地蔵講習の流れと、そこで教えていただいた内容を、お伝えいたしました。

 

現在、何か検討しているナンパ講習などがあるのならば、ガンガン申し込んでみることをお勧めします。

 

それがきっかけに人生が動くこともあるかもしれませんからね。

 

実際、私がいい例で、このナンパ地蔵講習がきっかけで、ナンパの業界に繰り出したという経緯もあるので、「小さなことに一歩踏み出す勇気って大切。。」と実感します。

 

それでは、お読みいただき有難うございました。

 

恩田




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA