女性に声をかける勇気がでない人へ

Pocket

この記事の所要時間: 424

知らない女性に声をかけるってのは“普通”に考えると異常です。

声をかける勇気が出ないのが、普通。

 

ですが、ナンパをするなら普通の域に留まっててはいけないわけですね。

 

ガンガン美人に声をかけるべきなんですが、

初心者さんは、声をかける勇気を出せずに挫折してしまうパターンが多いです。

ナンパでいう地蔵ってやつです。

 

しかしですね、

自分の中の声かけの概念を変えてあげると、勇気を出す必要がなくなります。

「take easy」の画像検索結果

 

「声をかけることはこんなにも敷居の低いことだったのか」

と思っていただければ幸いです。

 

それでは、ナンパで女性に声をかけることが苦手な方に向けて

声をかける際のマインドセットをお伝えします。

 

もちろんナンパに限らず、

職場、学校、習い事先、どんなシチュエーションに対しても当てはまる考え方ですので

「声をかける勇気」がなくて嘆いている方はお読みください。

 

女性に声をかけることはたいしたことではない

「天秤 フリー」の画像検索結果

なぜ、女性に声をかけることが怖いのか。

それは、ナンパを大それたことであると捉えているからに尽きます。

 

「ナンパなんてたいしたことじゃない」

と、意識を書き換えましょう。

 

「気に入った女性に声をかける、それだけ。」

と開き直っちゃいましょう。

 

「(なんで、声かけてきてんだよ)」

という目をされても、

「(おめぇが可愛かったからだよ文句あんのかおい)」

と、開き直ってくださいw

(実際に口にしたら駄目ですよ、心の中で思っておくだけです笑)

 

「(俺なんかが声かけてすいません)

になっちゃいかんのです。

 

「(俺なんかが声かけてすいません)」のマインドだと、当然逃げられます。

が、

「(おめぇが可愛かったからだよ文句あんのかこら)」

マインドだと、適度なノリ・強さというものが言動からあふれ出てきます。

 

適度なノリ・強さを実際のナンパ実録音声で体感したい方はコチラ(恩田のガチナンパ音声記事のマトメ【随時更新】)

「可愛い人がいたから声をかける、それだけ」

 

「知り合いがいたら挨拶をする」

くらいの感覚のレベルで声をかけて欲しいんですね。

 

そして、声をかけるときの勢い

知り合いに挨拶をするくらいの感覚がベストです。

「こんちわっす」くらいのノリでいいわけです。

 

「(ぜったい、成功させてやる、、)」

みたいな意気込みは、現場では不要です。

”頑張ってる感”、”無理してる感”を女性に与えてしまうので。

 

自然に、フラッと、ゆるりと、「挨拶をする」くらいの

感覚で声をかけてみてください。

 

声をかけに行くことに意気込むのは無駄なエネルギーを使っているようなもんです。

「あいさつ程度」の軽い気持ちでいくことで敷居を下げることができます。

 

ということで、

「女性に声をかけることは大したことじゃない」

「挨拶感覚で声をかけに行く」

 

という意識に書き換えましょう。

 

 

美人にビビらなくなる方法

「大政絢」の画像検索結果

「それでも、女性に声をかけるのが怖いです。とりわけ美人には。」

という人は、

 

相手の女性が自分より上だから

無意識に感じている可能性が高いです。

 

「美人の女性の価値が自分より上だから声をかけるのが怖い」と感じている人は

誰に対しても平等に接する、ということを常日頃から意識してほしいんですね。

 

相手が美人だから委縮するってのは、人を外見で判断しているわけですよ。

(逆に言うとブスを舐めている)

 

日常から人をルックスで“無意識”に区別しているから、

いざ自分が声をかけるときに相手が美人だと“無意識に”恐怖を感じるんです。

 

誰に対しても、平等に、区別をしない。

すると、美人にびびらなくなりますよ。

終わりに

 

声をかける勇気が出ずに困っていた方、

もしくは相手が美人になると途端に地蔵してしまう方は

上記の話を参考にされてみてください。

かなり重要なマインドセットです。

 

「だれにでも平等に接する」

 

すげぇ道徳チックな話になってしまったんですが、

大事です笑

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

恩田でした。




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA