意識するのは1出撃1個まで

Pocket

この記事の所要時間: 320

ナンパの技術を着実に習得していきた方に向けての記事です。

 

ナンパを初めて間もない人、初心者の方を指導していて気づいたことがあります。

伸びる人と、伸びない人の違いです。

 

伸びていく人は、多くの場合1日の目標を1つに絞っています。

つまり習得したい要素を1つに設定し、それのみを意識して声掛けをしていく傾向にあります。

例えば、

「声掛けの場所の選定」

「オープナーをスムーズに発する」

「あいてを楽しませることだけを意識する」

など、目的を1つに絞り、それ以外の事はとりあえず置いておく

伸びていく人は、こういう取り組み方をしている人が多いんですね。

 

これは、ナンパに限らず

すべての物事に当てはまります。

 

例えば、テニス。

「テニス」の画像検索結果

テニスのショットで綺麗なショットを打つには、いくつか条件があります。

 

球をとらえる時に、フォームを整えておく必要があるわけですが、

そのためには

相手が球をとらえた時に、どこに飛んでくるかを予測し足を動かしておく(ステップ)ボールのリバウンドの距離を把握して、右手を後ろに引き左手を飛んでくるボールに向けて左足のつまさきを飛ばしたい方向に向け、体のちょうど真横でラケットがボールを捉えるように腕をふる必要があってインパクトのタイミングではラケットを見つめ、腕を振りぬく際はぼるの行方を追って、、、

 

と、大雑把に書いてもこのくらいは「無意識に」行えないと

綺麗にボールを打ち返すことはできません。

 

これをいちいち、「あぁしてこうして、次はこうなるからああやって」

と考えていては体が追いつかないわけですね。

 

ナンパも同じです。

 

「このセリフをいって、相手が笑ったらこうして、無視してきたらこのセリフで

あ、その前に体の向きはあぁだった」

 

とか考えていては、もう遅い。

完全に女の子に取り残されるだけです。

 

ということで、

全体の流れを無意識的に行う必要があるわけです。

そのためには、なにごとも一つずつ着実に体にしみこませてステップアップするしかない。

 

伸びていく人たちは、

経験則的にそのことをわかっていて

その日に意識するべきことを1つに絞って街に立つんですね。

 

 

「今回は相手の言葉を拾」ことだけに特化しよう。」

 

こうした目標を定めて声掛けに臨みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、

「(ここまでやるか、、)」

と思ったのは

 

スマホのホーム画面が「その日の目的」という人。

「スマホ ロック画面 ダイエット」の画像検索結果

 

 

「オファー時はユーモアを絶対に織り交ぜる」

 

と、でかでかとスマホのロック画面に書いてあるのを見たときは、驚きました。

 

それ女の子に見られたらなんて言い訳するんだろうとも思いましたが

その熱意には心を打たれました。笑

 

 

ということで、

皆さんも、物事を習得するときは

なにか一つに目的を設定し取り組むというスタイルをとってみてくださいな。

 

それでは、失礼します。

 

恩田

 

 




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA