【ナンパ実録音声①】文化祭で無双したいあなたに贈る「文化祭必勝テンプレート」

Pocket

この記事の所要時間: 1623

こんにちは。

恩田そらです。

 

記念すべき、

ナンパ実録音声記事1発目です。笑

 

このブログでは、実際のナンパ音声を用いて

実際に俺が何を考え、何を計算して、声を発しているのか

お伝えしていきます。

 

俺からすると

文化祭では一日、二桁番号ゲットすることも難しいことではありません。

既にうまくいっている人の、思考・判断をインプットしちゃうのが

成長には一番手っ取り早いです。

 

記事の後半では、詳細に俺の頭の中を解剖した解説をしていますので

ぜひお読みください。

 

 

また、ナンパをしたことがないって人にも

実際のナンパ音声を聞くことによって

ナンパのイメージをつかんで貰えれば

と思います。

 

3日坊主にならないことを

祈りつつ、本題に入ります。

 

恋愛初心者は、文化祭で己の会話力を磨くべし

 

さて、

このページをお読みになっている皆さんは

・ナンパがうまくなりたい

・恋愛強者になりたい

・女の子を会話でコントロールしてみたい

こういった思いがいくばくかある方々、

であるはずです。

 

そして、

興味はあるんだけれども

いまだにナンパをしたことがない

ってひともいると思います。

 

そんな方々に、おすすめしたいのが

文化祭ナンパです。

 

なぜ、文化祭ナンパがおすすめできるのか

理由をいくつか挙げてみます。

 

圧倒的に「簡単」であるから

 

なんといっても、この理由が一番です。

ストリートに比べて圧倒的に簡単なんですね。

 

ストリートは、無視・否定反応が当たり前の世界です(特に初心者は)

最初の一歩をこじあけるまでに、それ相当のスキルが必要になってきます。

正直言うと、会話中盤のスキルよりも会話冒頭をこじあける方が難易度は高いです。

つまり、最初に高度なことを習得しないと、中盤部分の練習すらできない、と言えるわけです。

 

しかし、文化祭はオープンが容易です。

適切なオープナーと計算された会話展開を用いれば

オープン率は100%。

ナンパを成功させることにおいて必要なアプローチ中盤の各要所の練習が

これでもかというほどに行えるわけです。

 

文化祭ナンパは簡単であり、それによって

ナンパの練習が死ぬほど積める。

これが、初心者に文化祭ナンパをおすすめする理由の1つ目。

 

若い女は口説き落とすことが容易だから

 

さて、理由の2個目。

「若い女は口説き落とすことが容易であるから」

 

基本的に女子大生1,2年とか

女子高生ってのはまだ恋愛経験が浅いので

コントロールが容易です。

同級生の男の子、バイト先やサークルの先輩

くらいしかライバルがいないわけです。

 

一方で、20代中盤くらいの女性は色んな男性をすでに見てきているわけです。

あなたが想像しているはるかに多くの男性からアプローチを受けています。

それは、あなたの男としてのレベルを一瞬で見抜くことを表しています。

 

このような恋愛経験が豊富な女性たちは

いくらあなたがモテテクニックを身に着けようが、それっぽく振る舞おうが

「上辺だけのモテ」は

一瞬で見抜きます。本能的なレベルで。

 

しかし、恋愛経験の乏しい若い女性達にそんなスキルはありませんw

あなたの男としてのレベルが低かろうが、

ごまかすことは可能です。(最低限ふるまう必要はそりゃあるが)

 

また、このころの女性は好奇心が旺盛であり

処女とかでなければ、わりとすんなりセックスまで持ち運ぶことが可能です。

とりあえず、やりてぇんだ って方も、文化祭ナンパは適していると言えるでしょう笑

 

以上が、文化祭ナンパをお勧めする2大理由でした。

まとめ

・簡単でありナンパアプローチの練習を積むのに適しているから

・若い女を落とすことは、難しいことではないから 

文化祭ナンパ必勝テンプレート

 

 

俺は、文化祭ナンパが大好きです。

おそらく日本で一番学祭に出撃していて

学祭を愛していて、学祭に精通をしています。笑

 

で、読者さんから

「文化祭で恩田さんは、どのような声掛けをしているんですか」

という質問を頂きました。

 

ということで、具体的なナンパ声掛けテンプレートのご紹介です。

 

俺はオープナーを毎回、固定しているのですが、

参照初心者がオープナーを固定すべき3つのメリット

 

普段、頻出で使ってる固定オープナーである

「たこやきアプローチ」についてご紹介します。

そして、そのオープナーを使う3つの理由

ご説明いたします。

 

たこやきアプローチ

 

オープナー

「友達がすっごいまずいたこやき売ってるんですけど、くいません?」

 

連動の畳みかけのセリフ

「まずすぎて、店の前で人がばったばた倒れてるっていう」

「じゃ、わかった たこじゃなくていい いかにしてあげる、しょーがねぇから」

「いや、君まずいの好きそうな顔してるもん」

 

 

たこやきアプローチのメリット3つ

「3」の画像検索結果

①ナンパ感がない

 

売り子かのように入るため、

相手からの拒絶・冷たい反応がない。

なぜなら一見、ナンパではないから。売り子だから。

 

会釈で流される等の反応はあるが

そこで粘ると大体、笑う(驚きながら)

普通の売り子は、粘らないので

粘るだけで笑いが取れる。

「なんじゃこの売り子すげえ」といったところの感情。

 

そして、「まずいたこやき」に反応して笑ってしまう。

コツは、笑いかけたときにさらにテンションを高めて

こちらへの意識を切らさないこと。巻き込むこと。

 

拒絶・ガンシカがないため

ストリートに比べて遥かにイージーである。

 

 

②相手のセリフが限定される

 

「まずいたこやきうってるんですけど、食いません?」

の返答は大体2パターンに限定がされる。

「まずいのはいらない」or「(無言のまま笑う)」

の2パターンだ。

 

相手の反応が限定されるので、

最適な切り返しを用意すれば

さらに爆発的な盛り上がりをうめる。

 

このオープナーはつくづく優秀であると思う(自画自賛)

 

 

③言い合える関係が構築しやすい

 

オープナーの次のセリフである、

「君マズイの好きそうな顔してるもん」というセリフ。

これを言われた女の子は、大体

「いや、おいしいほうがすきだから!」

といった発言を返してくる。

ここですでに言い合える関係が構築されてしまうわけ。

 

こんなに短時間で言い合える関係を構築できるオープナーってほかにあるの??

やはり優秀なオープナーである(自画自賛)

 

 

 

さて、メリットを書いたところで

いよいよ実録音声に入っていきます。

 

ナンパ実録音声

 

※まずは、書き起こしを読みながら

音声をお聞きください。

そのあとに、解説付きの書き起こしを読むことで

理解は深まります。

 

 

※個人情報部分はカットしてあります。

↓スマホの方はこちらから。音声を聴きながら書き起こしを読めます

文化祭ナンパ書き起こし

俺「すいません。スゲーなんか忙しそうなんですけど、わかりますかねえ(ボードを見せる)。」

JD「(チラ見)」

俺「ちなみに、たこ焼きってしってます?(手で制しながら)」

JD「(にやつきながら頷く)」

俺「マジっすか。どんな料理か説明してもらっていいですか

JD「小麦粉の中に」

俺「わあ、めっちゃ勘が良っ。頭いいんじゃないですか」

JD「液がはいってる

俺「はい、馬鹿ばれたー」

JD 「(爆笑)」

俺「はい、ばかばれました  大丈夫?」

JD「ばかばれましたねえ」

俺「ばかばれました」

JD「ばかばれました」

俺「間違えちゃうことあるもんね、そうかそうか」

俺「ちなみにうちのたこ焼き一番まずいって有名なんですけど」

JD「じゃ絶対食べないですww」

俺「マジっすか。素直っすね」

JD「(爆笑)」

俺「食わないか」

JD「何クラですか」

俺「あのサークルっす、これ クラスじゃなくて」

JD「どこですか」

男性「あの、歴史研究会 くそがり勉の」

JD「えっ本当に歴史研究会ですか」

男性「え、歴史研究会?(女子を手のひらでさしながら)」

JD「(爆笑)」

俺「いたっけ?」

JD「前、いたんですけどやめちゃって」

俺「まじで」

JD「笑」

俺「ノリが。すごいノリじゃん」

JD「絶対さあオーランサークルじゃないかと」

俺「あー人を見た目で判断してはいけません。」

JD「笑」

俺「はい説教です、これは。だめです。 見た目でなにサークルかあてていいですか」

JD「はい」

俺「ディズニーサークル」

乱入してきた大学の男子「ちょっといいですか。あの今から、そこの東二号館の前でビンゴ大会やるんですよ」

俺「やりましょう」

乱入してきた大学の男子「やりますか」

俺「やりましょう」

乱入してきた大学の男子「どうぞ笑(ビンゴカードを俺に渡す)」

俺「ありがとうございます」

JD「じゃぁ一枚もらいます」

俺「あーめっちゃいい人 めっちゃいい人じゃないですか」

俺「ほんとにいくの?、こんなの。 こんなのとかいって 」

JD「こんなのww 歴史研究会怖い笑」

俺「歴史研究会ちょっとこわいねえ。 ごめんそういうところあるんだよ、俺 」

俺「たこ焼き食わないよね。」

JD「食べないです」

俺「だよね」

俺「俺も買わす気ないんで。友達になりません?」

JD「いやいや」

俺「ライン交換しません?そしたらぱっと帰る。」

JD「いいですよ」

俺「ほんとですか」

JD「でもブロックしますよw」

俺「じゃあ俺の方が先にブロックする」

JD「笑」

俺「どっちが先にブロックするか勝負しましょ」

JD「あーいいですね。じゃあ私1時間後にブロックする」

俺「じゃおれ50分後」

JD「笑  私、ラインだします。」

俺「ありがとう」

俺「名前なんていうの?」

JD「〇〇」
俺「えっ」
JD「〇〇」

この部分は音声ではカットしてあります

俺「それっぽい顔してるね」

JD「笑  私テニスサークルですよ」

俺「いいとこはいってるね」

女 「笑」

俺「じゃあ送るわ  ごめんね」

ナンパ音声書き起こし 解説ver

俺「すいません。スゲーなんか忙しそうなんですけど、わかりますかねえ(ボードを見せる)。」①

JD「(チラ見)」

俺「ちなみに、たこ焼きってしってます?(手で制しながら)」②

JD「(にやつきながら頷く)」

俺「マジっすか。どんな料理か説明してもらっていいですか」③

JD「小麦粉の中に」

俺「わあ、めっちゃ勘が良っ。頭いいんじゃないですか」④

JD「液がはいってる

俺「はい、馬鹿ばれたー」⑤

JD 「(爆笑)」

①→②→③→④→⑤と、順にテンションをあげる。

ナンパ初心者の方におおいのが

オープナーをぶつけて、そこで満足をしてしまい

そのあとの連動のセリフでテンションが下がってしまうというパターン。

テンションを落とさないことを意識して、相手の反応を巻き取りましょう。

 

 

 

③の「まじっすか」 を食い気味で入れて、反応を離さないようにしています。

 

⑤ぶちこむ。→一気に会話成立モードへ。

俺「はい、ばかばれました  大丈夫?」

JD「ばかばれましたねえ」

俺「ばかばれました」

JD「ばかばれました」

俺「間違えちゃうことあるもんね、そうかそうか」

S要素多いかなと、思ったのでフォローをいれています。

こういったフォローでバランスをとっていきます。

俺「ちなみにうちのたこ焼き一番まずいって有名なんですけど」

連動のセリフをさしこむ。

JD「じゃ絶対食べないですww」

俺「マジっすか。素直っすね

JD「(爆笑)」

俺「食わないか」

JD「何クラですか」

俺「あのサークルっす、これ クラスじゃなくて」

JD「どこですか」

男性「あの、歴史研究会 くそがり勉の」

JD「えっ本当に歴史研究会ですか」

男性「え、歴史研究会?(女子を手のひらでさしながら)」

JD「(爆笑)」

俺「いたっけ?」

JD「前、いたんですけどやめちゃって」

俺「まじで」

JD「笑」

俺「ノリが。すごいノリじゃん」

JD「絶対さあオーランサークルじゃないかと」

俺「あー人を見た目で判断してはいけません。」

こういうところでチクチク立場を形成していきます。

JD「笑」

俺「はい説教です、これは。だめです。 見た目でなにサークルかあてていいですか」

JD「はい」

俺「ディズニーサークル」

乱入してきた大学の男子「ちょっといいですか。あの今から、そこの東二号館の前でビンゴ大会やるんですよ」

俺「やりましょう」

乱入してきた大学の男子「やりますか」

俺「やりましょう」

乱入してきた大学の男子「どうぞ笑(ビンゴカードを俺に渡す)」

大学の文化祭は、予期せぬところで邪魔が入りますw

在校生にラッパで妨害されたこともありました笑

(バンゲはした。笑)

俺「ありがとうございます」

JD「じゃぁ一枚もらいます」

俺「あーめっちゃいい人 めっちゃいい人じゃないですか」

俺「ほんとにいくの?、こんなの。 こんなのとかいって 」

JD「こんなのww 歴史研究会怖い笑」

俺「歴史研究会ちょっとこわいねえ。 ごめんそういうところあるんだよ、俺 」

俺「たこ焼き食わないよね。」

打診に入る前に、場をならしています。①の前置き、みたいな感覚です。

JD「食べないです」

俺「だよね」

俺「俺も買わす気ないんで。友達になりません?」

JD「いやいや」

俺「ライン交換しません?そしたらぱっと帰る。」

JD「いいですよ」

俺「ほんとですか」

JD「でもブロックしますよw」

俺「じゃあ俺の方が先にブロックする」

よくある会話展開。頻出!

JD「笑」

俺「どっちが先にブロックするか勝負しましょ」

JD「あーいいですね。じゃあ私1時間後にブロックする」

俺「じゃおれ50分後」

JD「笑  私、ラインだします。」

俺「ありがとう」

俺「名前なんていうの?」

JD「〇〇」
俺「えっ」
JD「〇〇」

この部分は音声ではカットしてあります

俺「それっぽい顔してるね」

JD「笑  私テニスサークルですよ」

俺「いいとこはいってるね」

女 「笑」

俺「じゃあ送るわ  ごめんね」

終わりに

 

 

いかがでしたでしょうか。

詳細な解説をつけてみました。

 

さいごに、

今日のまとめです。

 

なぜ、初心者に文化祭が向いているのか

①簡単だから

→ストリートと違い、ガンシカがないので一番難しいナンパの冒頭部分をすっとばせる。

②若い女はかんたんだから

→男性経験が浅いため、もしあなたが非モテだとしてもごまかしがきく。

→興味が大きくなっている年ごろなので、グダなくホテルまで行ける子も少なくない。

 

たこやきアプローチが文化祭ナンパに適している理由

①ナンパ感がない

→入りが売り子の体なので。

(もちろん、売り子感を出すのは入りだけであってナンパというニュアンスは徐々にほのめかす必要はある)

②相手のセリフが限定される

→想定ができるため、その切り返しすら最強なものを言うことができる

=さらに盛り上がりを生む。

③言い合える関係を早々に構築することができる。

 

 

 

 

ということで、

解説おわりです。

 

 

文化祭は本当に穴場です。

特にナンパ師がいないような文化祭を狙っていってみてください

ブルーオーシャンの極みです。

 

テンプレートと、それを使うマインドを覚えて

女子大生とどエロいことしてくださいw

 

 

それでは、

失礼します。

 

恩田でした。

 

 

▶次の実録音声:有名ナンパ教材にも取り上げられたナンパ音声「楳図かずおアプローチ」

 

 

 

 

 




リアルをお届け。
「ナンパ実録音声のまとめ」

今までのナンパ実録を全て一つにまとめました。すべての音声に書き起こしと丁寧な解説がついております。リアルなナンパ音声を無料で学習したい方必見。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA